リバプールのユルゲン・クロップ監督は今週末対戦するマンチェスター・ユナイテッドを警戒している。13日、英紙『インディペンデント』が伝えている。

 今シーズン最初の対戦ではユナイテッドの守備的な戦いを前にホームでスコアレスドローに終わったリバプール。クロップ監督はその当時とユナイテッドのチーム状況を比較し「以前に対戦したときよりも、彼らはよりいいチームとなり、自信を持っている」とリーグ6連勝中のユナイテッドを警戒した。

 また、ドルトムント時代に指導していたヘンリク・ムヒタリアンについては「彼は技術とテンポを兼ね備えている。それは稀少だ。ワールドクラスの選手だ」とプレミアリーグでのプレーに慣れてきたかつての教え子を高く評価している。

「我々はマンチェスターに向かい、ゲームでチャレンジをする」と語るクロップ監督。2位リバプールと6位ユナイテッドとの勝ち点差は5。イングランドのサッカーを引っ張ってきた両者の198回目の戦いは白熱すること間違いなしだ。