ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマが、残留の意思を強調した。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが、同選手のコメントを伝えている。

 18歳の若さでミランの守護神を任されるドンナルンマは、現行契約が2018年までとなっており、以前から次の契約が話題になっている。だが、クラブの売却交渉の遅れなども影響して話し合いが進まず、ミランを離れる可能性が残っている状況だ。

 それでも、選手の気持ちははっきりしている。イタリア代表に呼ばれているドンナルンマは、「僕はミラニスタ(ミランファン)だから残留したい。契約延長について考えるのは僕の代理人だ」と述べた。

 ドンナルンマの将来のカギを握る代理人は、敏腕で知られるミーノ・ライオラ氏。ビッグネームの大型移籍を数多く担当してきた同代理人は、選手の希望を叶えてくれるだろうか。