ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、独紙『キッカー』が選ぶブンデスリーガ第25節のベストイレブンに選出された。同じくケルン所属でハットトリックを達成したFWアントニー・モデストと2トップを組む形となっている。

 現地時間18日にブンデスリーガ第25節の試合が行われ、ケルンはヘルタ・ベルリンと対戦し4-2の勝利をおさめた。試合開始して6分に、後方からの浮き玉パスを胸トラップした大迫はそのままターンして、遠い距離からゴールに向かってシュートを放つ。無回転のシュートはGKルネ・ヤルステインの手を弾きながらゴールに吸い込まれた。

 さらに35分、左サイドから大迫がゴール前に折り返したボールをモデストがダイレクトで合わせて追加点を決めている。大迫はヘルタ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せ、独紙から最高評価を受ける活躍を見せていた。今回、独紙『キッカー』が選んだベストイレブンは以下の通り。

【独紙『キッカー』が選ぶブンデスリーガ第25節のベストイレブン(所属クラブ)】

▽GK
ティモ・ホルン(ケルン)

▽DF
セアド・コラシナツ(シャルケ
エルミン・ビチャクチッチ(ホッフェンハイム)
ロマン・ブレジェリー(インゴルシュタット)

▽MF
マティアス・レーマン(ケルン)
チアゴ(バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(ブレーメン)
トーマス・デラネイ(ブレーメン)

▽FW
大迫勇也(ケルン)
アントニー・モデスト(ケルン)