これまで宇宙開発といえば、大規模な国家プロジェクトとして展開されてきたが、近年その流れに変化があらわれはじめている。民間の企業や経営者が、未来を見据えたビジネスとして、これに乗り出そうとしているのだ。

そんな「民間宇宙時代」の象徴ともいえるプロジェクトが、2007年に始動したGoogleがスポンサードし、アメリカのXプライズ財団が運営にあたる、人類初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エクスプライズ)」だ。

同レースのミッションは3つ。まず1つ目は、「探査用ロボット(=ローバー)を月面に着陸させること」、次は「着陸点から500メートル以上移動すること」、最後は「高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること」だ。賞金総額は3000万ドル(約30億円)、優勝チームには賞金2000万ドル(約20億円)が贈られる。

すでに、アメリカ、イスラエル、イタリア、マレーシア、ドイツ、ハンガリー、ブラジル、カナダ、チリ、インドなどの世界各国から16のチームが参加して鎬を削っているが、日本からも唯一参戦を果たしたチームがある。宇宙スタートアップベンチャー ispace代表の袴田武史率いる、チームHAKUTO(ハクト)だ。

袴田は、Googleが月面探査レースを支援することについて、次のように語る。

「Googleが賞金を出す理由のひとつは、次世代の教育のため。レース形式の民間支援プロジェクトを立ち上げれば、月や宇宙に対する知識をより深く得ることができ、科学技術の発展にも寄与できる。また、これまで国家規模で行われていた月面探査プロジェクトに、民間が、しかも大企業ではなく小さなスタートアップが挑戦するという構図に、Googleは大きな魅力を感じています」

「民間による月面探査レース」、「宇宙開発スタートアップへの大規模な支援」というプロジェクトは、Googleの名をさらに高め、その広告効果も絶大だ。加えてGoogleは、ストリートビューの月バージョンともいえる「Google Moon」なる月面検索サービスも2005年から提供している。Google Lunar XPRIZEで得られた画像や動画は、当然Googleが公開する権利を持っており、今後、自社サービスの向上に資するという判断があるのかもしれない。

チームHAKUTOの由来

さて、人類初の月面探査レースに挑む日本で唯一のチームHAKUTOだが、チーム名の由来は「白兎(はくと)」、つまり白いウサギ。「月にウサギがいる」といったおとぎ話から名づけられた。また日本神話に登場する「因幡の白兎」にもちなんでいる。HAKUTOが走行実験を行う鳥取県の鳥取砂丘は同神話の発祥の地でもある。

月面をめざす「白いウサギ」。袴田はチーム結成のいきさつについて次のように語る。

「月面探査レースがあるということは知っていました。しかし、直接プロジェクトに関わることになったのは偶然としか言いようのないものです。2009年にJAXAに勤める友人の結婚式に出席したのですが、その会場でGoogle Lunar XPRIZEに参加していたヨーロッパのチームの人物とたまたま隣り合わせになった。当時そのチームは参加に必要な50億円以上の資金調達、また月面探査ロボットの技術開発で苦労しており、協力者を探していたのです」

ヨーロッパのチームはその時点で探査ロボットの技術開発面では東北大学の吉田和哉教授の協力をとりつけていた。思いもよらぬ結婚式で「月への誘惑」をうけた袴田は、悩みに悩んだ末に参加を決意、要請された20億円以上の資金集めに奔走し始める。

「当初は、志ある4〜5名のボランティア・メンバーが集まり、熱いディスカッションを重ねていました。僕自身も他に仕事を持つボランティア・スタッフのひとりでした。ただ僕としては、メンバーのなかにある宇宙への情熱、プロジェクトを成功させたいという信念が醒めてしまうのが怖かった。そこで法人を設立、僕が代表となりプロジェクトをリードする体制をとりました」(袴田)

シビアでクールなメンバーたち

袴田は当時、「コンサルティング会社に勤めており、週に3日は会社、そして残りは宇宙プロジェクト」という生活をこなしていたという。「勤めていた会社の理解がなければ、到底そのような生活はできなかった」とも振り返る。

転機が訪れたのは、2013年初旬だった。話を持ちかけてきたヨーロッパのチームが、資金調達難を理由にプロジェクトの継続を断念することになったのだ。袴田は、この時、勤めている会社をやめることを決意。自分の力をすべてプロジェクトに注ぐことを決心する。

「ヨーロッパのチームがプロジェクトを断念した時点で諦めるという選択肢を選ぶことは簡単でした。でも『絶対に後悔する』という直感が頭をよぎったんです。そうして、チームHAKUTOを立ち上げることになりました」(袴田)

現在、チームHAKUTOは、袴田が代表取締役を務めるiSpaceの社員、プロボノ(各分野の専門家が知識やスキルや経験を生かすボランティア)、および東北大学のメンバーを合わせて100名くらいの大所帯となっている。

チームに漂う雰囲気は、非常に独特だ。緊張感と責任感、そして夢を現実にするための抜き差しならない厳しさがある。巷では、「夢」や「情熱」という言葉でもてはやされがちなHAKUTOプロジェクトだが、それを支える中心メンバーたちは一転、シビアでクールだ。

「HAKUTOには『来る人拒まず、去る人拒まず』の精神がある。ボランティアの人たちに対しても『自分が情熱を持っているから関わっているんでしょ』というスタンスです。少し冷たい言い方かもしれませんが、好きなことを貫きたいのであれば責任感や厳しさが必要。実際メンバーたちにはそのようなスタンスで参加してもらっています」(袴田)

袴田がそう釘を指すのには理由がある。日本ではネガティブな印象が持たれやすいボランティアだが、世界的にその見方は徐々に変わってきているというのだ。

「これからの世の中は、いろんなバックグラウンドを持った人たちが、複数の仕事をする時代に入る。そういう社会では、ボランティアは『無償だけれども新たな機会が提供されるステップ』となる。実際にボランティアとして参加していた僕は、そのことを痛切に感じました。一方で、バックグラウンドが異なる人が、短い時間内でタスクを共同でこなすためには、非常に高いコミュニケーション能力も求められます。HAKUTOプロジェクトは、人類にとって未知なる挑戦。それを担うチームもまた新しい在り方を追求しています」(袴田)

白いウサギは何をめざすのか。袴田は未来を見据えたうえでこうも語る。

「HAKUTOプロジェクトの月面探査は、僕たちにとっては第一歩。その先にある月面資源開発、宇宙輸送プラットフォームづくりなど、『宇宙をビジネスにする』ことが最終目標です。各国の民間企業は、宇宙開発に対して積極的な動きを見せている。日本は一歩出遅れている状況です。僕らが掲げた最終的目標と領域には、まだまだプレイヤーがいない。そこにいち早く名乗りをあげ、この世界に必要な大きな産業の担い手になりたいと考えています」

HAKUTOは8月29日、資金や開発環境や素材などを提供するスポンサー企業も顔を揃え、キックオフ・ミーティングを行った。そこでは月面探査用ロボット(=ローバー)の最終版デザインも発表された。

その探査用ロボットの打ち上げは2017年に予定されている。ちなみにHAKUTOは、アメリカのチームであるアストロボティック・テクノロジー(Astrobotic Technology)の探査用ロボットとともに、米SpaceX社のロケット「Falcon 9」に”相乗り”する予定だ。

「探査レースの運営側は、今回の大会が人類初ということもあり、純粋な競争=コンペティションだけではなく、そこにコラボレーションを掛け合わせたもの、つまりコオペティション(Coopetition)だということを強調しています。年に1回参加しているサミットでも、各チームの代表が集まり、開発の進捗報告や情報交換などが行われています。とはいえ、やはりレースの側面も重要だと僕は考えています。正直、月面に到着さえできれば、日本チームが優勝できる可能性は高いと確信しています」(袴田)

リオデジャネイロのオリンピックでは多数の日本人アスリートたちが金メダルに輝いたが、HAKUTOも人類初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」では金メダルを狙う。

リオの次は月だ。

*Forbes JAPANは、来年の月面探査用ロボットの打ち上げまで、HAKUTOプロジェクトの動きを月一で追いかけていく。

au × HAKUTO MOON CHALLENGE