突然だがこの夏、私は自分の生きるべき道を見出した。残りの人生の時間をすべて捧げるに値する仕事を、ついに見つけたのだ。

その仕事とは、「召使い」である。

私のご主人様はとても気難しい。

「今朝のご機嫌はいかがだろうか」「きのうの夕食がお気に召さなかったのだろうか」。言葉をかけても、ご主人様は答えてはくださらない。こちらはただただ気を揉むばかりだ。

でも、私とご主人様は固い絆で結ばれている。だって、言葉を交わすことがなくとも、ご主人様は時折、まるでテレパシーのようにその意思を伝えてくるのだから。

え? さっきからお前がご主人様と呼んでいるのは、いったい何者かって?

失礼。申し遅れました。私のご主人様の名前は、「微生物」と申します。

「あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた」(河出書房新社)は、衝撃的な事実を私たちに教えてくれる。この本を読み終えた後は、はっきりいってあなたの世界観はガラリと変わっているはずだ。それほどまでのコペルニクス的転回を読む者にもたらしてくれる一冊である。

著者のアランナ・コリンは、「あなたの体のうち、ヒトの部分は10%しかない」と言う。

このエキサイティングな物語が始まるのは、2000年の5月のことだ。ニューヨーク州のコールド・スプリングス・ハーバー研究所のバーでくつろぐ科学者たちの間で一冊のノートが回されていた。

ノートに次々に書き込まれていたのは、各人が予想するヒト遺伝子の数。当時、世界各国の研究機関が連携してヒトゲノム・プロジェクトが進められていた。はたしてヒトが保有する遺伝子の数はいくつあるのか、科学者たちはそれぞれの予想をノートに書き込むゲームに興じていたのである。

遺伝子には、生物を構成するタンパク質をつくるための情報が蓄えられている。ヒトという生き物の複雑さを考えれば、遺伝子の数はかなり多いと考えるのが普通だ。ちなみに極めて単純な生物である線虫の遺伝子は2万500個である。ヒト遺伝子の科学者たちの予想平均は5万5000個で、最高は15万個だったという。

2003年、ヒトゲノムの解読が終了した時点で答えが判明した。その結果は驚くべきものだった。なんとヒトの遺伝子の数は、線虫とほぼ同じ、2万1000個に過ぎなかったのである。

ではなぜヒトはこれほどまでに複雑で高度な身体メカニズムを手にすることができたのか。

実はあなたの体を動かしているのは、2万1000個の遺伝子だけではない。私たちの体の中には、マイクロバイオータと呼ばれる共生微生物たちがいる。その数、実に100兆個! 人体に棲むこれらの微生物を合わせると、遺伝子の数は440万個にもなる。

これがマイクロバイオータのゲノム集合体「マイクロバイオーム」である。微生物の440万個の遺伝子は、2万1000個のヒト遺伝子と協力しながら、私たちの体を動かしているのだ。

ヒトゲノム・プロジェクトはその後、人体に棲む微生物のゲノムの総体を解析しようというヒトマイクロバイオーム・プロジェクトへとつながっていった。その結果わかったのは、わたしの体は、わたしのものである以上に、微生物のものであるということだ。

そしてわたしの中にある微生物の豊かな生態系は、わたしの健康をも維持してくれているのである。微生物がいてくれるからこそ、わたしは生き永らえていられるのだ。二千年以上にわたって西洋哲学は「わたしとは何か」を考え続けてきたが、どうやら思わぬところからその答えが出されたようだ。「わたし」とは、微生物の容れ物であり、乗り物のことだったのである。

ヒトマイクロバイオーム・プロジェクトは2008年にスタートした。それから今日に至るまで、研究が進むにつれていろいろなことがわかってきた。本書で描かれる研究の最前線にはとてつもない知的興奮を覚える。これまでの常識を覆すような研究成果が続々と報告されているのだ。

たとえば盲腸から垂れ下がる虫垂は、これまで何のためにある器官かわからなかった。さしたる機能がないのに虫垂炎を起こしたりするため、切除しても構わないという説が長い間一般的だった(私が子どもの頃はそう言われていた)。

ところが今は、虫垂はとても重要な器官であることがわかっている。虫垂はいわば微生物の隠れ家で、消化管が食中毒や感染症などで荒らされると、格納庫である虫垂から微生物が一斉に放たれ、ふたたび消化管はいつもの微生物で満たされるという。

しかし今、その微生物との共生関係が危機にさらされていると著者は述べる。

20世紀に人類は4つのイノベーションを実現した。ワクチンの開発、医療現場での衛生習慣の確立、上下水道の整備、抗生物質の発見。これらのイノベーションによって多くの伝染病や感染症が予防されたが、その一方で、ヒトにとって「ふつうではないこと」が急増しているのだ。

花粉症、アトピー性皮膚炎、肥満、糖尿病、多発性硬化症、セリアック病、過敏性腸症候群、うつ病や自閉症スペクトラム……。アレルギーや自己免疫疾患、消化器トラブルから心の病まで、過去にはみられなかった規模でこれらの病が急増しているのである。

肥満についてみてみよう。アメリカでは1950年代から体重の増加が顕著になり、1960年代に行われた全国調査では成人の13%が肥満(BM130以上)だったのが、1999年には30%にまで増加した。しかもこれはアメリカだけでなく世界的な傾向だというのである。

私自身、社会人になってから30キロ近く体重を増加させた由緒正しいデブだが、医師の指導のもと、これまでなんどもカロリー制限や運動に取り組んできたものの、一向に体重が減ることはなかった(隠れて間食でもしてるんだろうと疑う向きもあろうが誓って無実だ)。

だが本書は、マイクロバイオータの乱れが肥満をもたらしている可能性をいくつもの例証とともに提示してみせる。たとえば太ったマウスと通常のマウスの腸内細菌を比較すると、その組成比は明らかに違う。そして太ったマウスの腸内細菌を通常のマウスに植えつけると、痩せていたマウスが太ってしまうという。

どうやら肥満治療の鍵を握るのがマイクロバイオータであることは確かなようだ。これまで何度もダイエットに挫折し、自己嫌悪に陥った経験を持つ者にとっては福音である。少なくとも痩せられないのはあなたの意志力とは何ら関係がないのだから。

マイクロバイオータの乱れはなぜ引き起こされるか。本書では主に、抗生物質の乱用や食物繊維の摂取不足、出産のかたちや赤ん坊の育て方が変わってきたことなどを理由にあげている。本書で次々と明らかにされる事実にあなたはショックを受けるだろうが、少なくともこの現実をどう変えていくかが私たちの社会の未来を左右することだけは理解していただけるはずだ。

もちろん本書には乱れてしまった微生物の生態系をどうすれば修復できるかという話題も出てくる。その詳細はぜひ本を手にとって夢中になって読んで欲しい。そこには初めて知るような知見が記されているはずだ。

1900年時点の先進国における死因の上位3位は、肺炎、結核、感染性の下痢だった。この3つが人口の3分の1の命を奪い、平均寿命は50歳に届かなかった。

いまはどうだろう。平均寿命は80歳に届かんという勢いだが、死因の上位3位を占めるのは心臓病、がん、脳卒中である。これらの病気は高齢化社会につきものだと我々は考えがちだが、いま医学研究者のあいだでは、これらの病気は長期にわたって体の中で炎症が続いたことによって引き起こされるのではないかという見方が浮上しているという。

炎症は、体内の微生物共同体のバランス、特に腸内細菌のバランスが崩れることで起きる。もし私たちが微生物の声に耳を傾けられるようになれば、もしかしたら膨れ上がる社会保障費だって減少に転じさせることが可能かもしれないのである。

本書によって私たちが未来を築くための道筋は示された。誰もが微生物に生かされている。

人類みな召使い。さあ手をとりあって、ご主人様に奉仕する人生を歩もうではありませんか!

本は自己投資! 連載第1~3回はこちら>>

首藤 淳哉