誰かを恨んだり不快に思ったりする感情は、人生に害を及ぼし得る。筆者は心理療法士としてこれまで、互いに相手を出し抜こうと張り合うカップルや、誰か一人が成功したことをねたんで崩壊する家族を幾度となく見てきた。

今の時代、他人の成功を不快に思わないでいるのは難しい。ソーシャルメディアを2分も見ていれば、自分以外の全ての人が、いかにうまくやっているように見えることか。

友人が旅行先で撮影した写真を見て「彼の方が自由」だと感じたり、同僚の新築の写真を見て「自分より稼いでいる」と思うかもしれない。また友人の投稿についた「いいね!」の数を見て、彼女の方が自分よりも人気者なのだと感じることも・・・。

だがフェイスブック上の友人(の投稿)をねたむことがうつにつながることは、実際に研究で示されている。そしてもちろん、日常生活の中で他人の成功を不快に思うことは、私たちにさらなる害を及ぼす。

他人の成功を恨まないための6つの方法は次のとおり。

1. 自分と他人を比較するのをやめる

「彼らの家はうちより素敵」とか「彼女は私よりも痩せている」などと言うのは、自分の価値を評価する健全な方法ではないし、公正な比較でもない。りんごとオレンジを比べるようなものだ。

誰にでも、その人にしかない強みや才能、経験がある。自分よりも優れている人や裕福な人は必ずいるが、彼らに憤りを抱くことにエネルギーを浪費する必要はない。自分と比較するべき唯一の人物は、昨日の自分だ。

2. 他人の成果をけなさない

「彼が出世したのは上司のご機嫌取りをしたからだ」とか「彼女があの賞を受賞したのは家が裕福だからだ」などという考え方は、不快な感情を引き起こす。他人の成果をけなすことで精神的に強くなることは決してない。

受け入れることを学ぼう。他人の成果を、批判せずに認めるのだ。

3. 自分の固定概念を認識する

成功した人について、あれこれ憶測するのは簡単だ。しかし、成功して裕福になったり、有名になったり、あるいはビジネスに精通しているからといって、全員がそうなるためにずるい方法を使ったとは限らない。

自分よりもうまくやっている人について、自分がどのような思い込みをしがちなのかを認識しよう。そして彼らを無差別に一般化する前に、個人としての彼らを知ることに重点を置こう。

4. 自分の弱さを強調するのをやめる

自分の弱みを強調し、他人の強みを強調するのが楽なこともある。だがそういう考え方は嫉妬心や、場合によっては絶望感を引き起こすだけだ。

自分が改善できることは何かを進んで認識し、短所や弱みを誇張しない姿勢を持とう。自分をいつくしみ、ベストを尽くす努力をしよう。

5. 何が公平かを自分で判断しようとしない

ほかの人よりも幸運に恵まれている人もいる。それが現実だ。何が公平か、誰が評価されるにふさわしいかばかりを考えることは、時間の生産的な使い方ではない。

公平さについて不満を言うと、言った自分に不快感が残る場合がある。その苦々しい感情が、自分の能力を最大限に発揮する努力を阻む大きな障害になりかねないのだ。

6. 成功の定義は自分で決める

自分以外の誰かが自分の望むものを手にしているからといって、自分がそれを手にできない訳ではない。とはいえ、ただ自分以外の誰かと同じ道を歩んだり、ほかの人の夢を追うだけになってはならない。

自分にとっての成功は何かという定義を決めれば、目標に向かって努力しているほかの人々に今ほど脅威を感じることはなくなるだろう。

自分の進むべき道から目をそらしてはならない。それぞれの夢をかなえている自分以外の人のことを考えるのに費やす時間は、そのまま、自分自身の夢を達成するのに費やさなかった時間になるのだ。

Amy Morin