コオロギの粉を原材料とするチャプル社のプロテイン食品「クリケットバー」。同社ウェブサイトにある販売店リストには、健康食品店や上級者向けジムなど、いかにもといった名前が連なっているが、その中に紛れて「パブリックス・スーパーマーケッツ」の名前があったことに驚いた。

全米に1,100以上の店舗を展開するパブリックスは従業員所有企業としては米国最大の食料品チェーンで、売上高は米スーパーマーケットチェーンで上位10位に入る大手だ。そのパブリックスがクリケットバーを扱っているとは…。

次の驚きが、シアトル・タイムズのこんな記事だった。コオロギのプロテインバーがシリコンバレーのIT企業従業員らの間で流行しており、シアトル周辺に店舗を展開する食料品チェーン「タウン&カントリー・マーケッツ」もコオロギ食品の販売を予定しているのだという。

シアトルはIT産業の中心地かもしれないが、このチェーンは私もよく利用するごく普通の食料品店で、大規模商店でも、健康食品店でもない。地ビールの取り揃えが豊富な点を除けば、店頭に並ぶ商品は一般になじみのあるものばかりだ。そんな店までもが、コオロギ食品を販売しようとしているのだ。

コオロギ食のブームと衰退

米国ではここ数年、「昆虫食」が一種のブームとなっていた。国連の食糧農業機関(FAO)は2013年、昆虫食が食糧難解消のカギとなる可能性があるとする報告書を発表。その中で、「コオロギは、牛の12分の1、羊の4分の1、豚や鶏の2分の1の飼料で同量のタンパク質を生産できる」と指摘している。

ウィメンズ・ヘルス誌によると、コオロギのタンパク質含有量は100グラム当たり約13グラムで、鶏卵およそ2個分に相当する。

コオロギはこうして、「未来の昆虫食品」(ブルームバーグ)や「完璧なタンパク質」(メンズ・ヘルス誌)などともてはやされるようになった。ポピュラーサイエンス誌によると、コオロギ食品を手掛けるスタートアップは2012〜15年の間に30社以上も誕生している。


だが昨年4月、機を見計らったかのように、コオロギの食品としての効率性を疑問視する研究結果が発表された。

科学誌プロスワンに掲載された論文によると、コオロギに対し一般的な鶏用飼料と似た餌を与えたところ、「タンパク質変換効率」は鶏とさほど変わらない結果となった。スーパーの廃棄食品を餌にしたところ効率性は飛躍的に向上したが、30社以上のスタートアップがこうした生産方法を採用することは難しいだろう。

メディアの間では、「コオロギはそこまで環境に優しくない」(タイム誌)という声や、コオロギ食品ブームを単なる一過性のはやりととらえる見方が広がった。昨年11月には、全米レストラン協会が1,600人のシェフの声をまとめて2016年の流行を予測した調査「Whats Hot in 2016」で、昆虫食は概ね「過去のもの」との評価を得た。

露出増で主流商品となるか

だが結論を下すのにはまだ早い。コオロギ食品は今や、ジムや大手スーパーなど、一般的な消費者の目に触れる場所に並び始めているのだから。

「一時的な流行」が主流のトレンドへと変わる境界線は何なのだろうか。近所のおばさんがスーパーで買い物中にこの新商品の前で足を止め、本当においしいのかしら、と思った時?それとも、レトルト食品と一緒にクリケットバーをほおばるようになった時?

コオロギはまだ主流のタンパク源とは言えないし、今後もそうなる可能性は低い。だが今後、全米各地の大手食品店の店頭に並ぶことは確かだ。

Katherine Gustafson