この数年、シンプルでコンパクトな暮らしを実現する住宅として「タイニーハウス」が注目を浴びている。テレビではタイニーハウスに関するリアリティ番組が続々と登場し、ネット上でもCurbedやApartment Therapyなど優れたデザインの家を紹介する住宅サイトが人気を呼んでいる。

そんな中、筆者が気になっているのがEscape Homes社が最近売り出したVistaという名のトレーラーハウス式タイニーハウスだ。従来のトレーラーハウスの狭苦しいイメージとは異なり、大きな窓に包まれた内部は開放感たっぷり。フィリップ・ジョンソンの「ガラスの家」(1949年)といった名作住宅の15㎡バージョンとも言える家なのである。価格は約4万6,000ドル(約470万円)から。

筆者が人生で初めて「これなら暮らせる」と思ったこの美しいタイニーハウスは、果たしてどのように設計されたのか? Escape Homes創業者のダン・ドブロウォルスキーに話を聞いた。

驚くほど広々とした室内を実現

「巷で見かけるタイニーハウスは人や物がぎゅうぎゅうに詰め込まれ、息苦しくなるような家ばかりだ。Escape Homesが作るタイニーハウスの特徴は、窓から光がたっぷり入り、風通しも良く開放的で、ベッドからテーブル、キッチン、浴室まで家具や設備はすべてフルサイズであること。Vistaの中に入った人から一番よく聞くのは、『驚くほど広々としている』というコメントだ」

採光にこだわった超軽量特殊ガラス

「多くのタイニーハウスには、きちんとした窓がなく家全体が廊下のように暗い。その点、ガラス窓に包まれたVistaは、世界に向かって開かれている。これまで移動させた距離は1万キロを超えるが、ガラスに関するトラブルは皆無だ。使用しているガラスは、アルゴンガス入りLow-E複層ガラス。断熱材にはR値(熱抵抗値)が高い独立気泡フォームを使っており、気密性も抜群だ。またこの断熱材は超軽量でありながら、建物を強力に支える」

ポップアップ収納で快適な居住性を

「隠す収納の落とし穴は、隠さない収納よりもスペースを取ってしまうこと。とはいえ、窓からの眺めをTVのスクリーンで遮ることは避けたいから、TVは観る時だけ外に出すポップアップ収納を採用した。テーブルも折りたたみ式だ。その他、貴重品の保管場所として、家の持ち主にしかわからない隠し収納スペースをあちこちに設けている。一方でキッチンの窓に取り付けた棚は、十分な収納力を備えながら光も通すとして購入者に好評だ」

「真空パックトイレ」をオプション装備

「Vistaの消費する電力は非常に少なく、ソーラー発電(オプション)で十分まかなえる。照明には他のタイニーハウスでは使われていない温白色の高効率LEDを採用しており、何十個もある電球をすべて点けても40W以下だ。

トイレも、一般的な水洗トイレの他に様々なオプションを用意した。コンポストトイレは優秀だが、排泄物を外に運び出すまでは家の中に溜めておく必要がある。焼却式トイレは、760℃のオーブンをバスルームに置くようなもので、灰がバイオハザード廃棄物であることを注意すべきだ。

我々のおすすめは、Dry Flush社のLaveoトイレ。SF映画『オデッセイ』でマット・デイモンが使っていたトイレで、用を足すたびに排泄物が真空パックされる。数週間は臭いが漏れないため、頻繁に処分しなくて済む優れものだ」

20年以上の歴史が生んだ完成度の高さ

「今でこそタイニーハウスはブームだが、我々は90年代前半から作り続けてきた。形と機能は同義だと言ったのはフランク・ロイド・ライトだが、まさにタイニーハウスにおいては空間の使い方を隅々まで熟考する必要がある。

Vistaのインスピレーションの源になったのは、子供の頃に見たミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸。そしてEscape Homesはガラスの建造物から始まった会社だ。ガラスの家は我々の原点だと言える。Vistaは私の大のお気に入りで、時間さえあればずっと中で過ごしていたいほどだ」

Seth Porges