インドは近年、急速な経済成長を遂げた。しかし、1人当たり国内総生産(GDP)のほか、人間開発やイノベーションの面では中国を含むその他の新興国に後れを取っている。

インドが立ち後れている根本的な原因は、この国の経済モデルにある─後進的な「半ソ連型、半中南米型」の経済モデルだ。そして、このモデルを取り入れたことが、経済において政府が果たすべき複数の役割のためのリソースが欠如した大きな、そして腐敗した政府の誕生につながっている。

旧ソ連を模範としたことで、インド経済はビジネスと市民の職業生活に政府が過剰に介入する状態となっている。電気・ガス・水道などの公益事業、通信、輸送、金融の各部門で、政府は所有者、投資家、起業家、経営者として影響力を行使し、非効率的な企業を破綻させないようにしている。

さらに、政府は商品市場にも介入している。監督機関や”門番”(免許による統治を行う「ライセンスラジ」)として、誰がどの程度の期間、どのような事業を営むことができるか決定し、労働市場では賃金や雇用基準を定めている。

一方、経済モデルにおけるインドと中南米、とりわけ同じBRICS構成国のブラジルとの共通点は、経済システムのルールを定めるための公正で透明な手法が欠けていることだ。そのことが、法律のあいまいな解釈につながっているほか、反政府デモの発生という形で頻発するビジネスや国民生活の混乱にもつながっている。

また、インドとブラジルは同様に、福祉政策を拡充してきた。モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興市場担当の責任者、ルチル・シャルマによると、ブラジルは新興国で最大規模の福祉プログラム、貧困層向けの給付制度である「ボルサ・ファミリア」を実施した。そして、インドでは2005年、それを上回る規模の「マハトマ・ガンジー国家農村雇用保障法(NREGA)」が成立した。シャルマによれば、NREGAは農村部の貧困層を公共部門で年間100日まで雇用することを保障するプログラムで、毎年およそ100億ドル(約1兆円)の公的資金が投入されている。


招かれたのは汚職と将来への不安?

インドの半ソ連、半ラテン型経済モデルは1960年代末から1970年代初頭、インディラ・ガンディー元首相が市場経済と政府主導の最大の特長といえる側面を組み合わせた体制の確立を目指して導入したものだ。

この組み合わせは市民の日常生活と財政の将来見通しに広範な影響をもたらした。中でも特に問題となったのは、企業の信頼感を損なう汚職を助長したことだった。米ロングアイランド大学ポスト校のウダヤン・ロイ教授はこの経済モデルの影響から、インドの高い経済成長率は持続しないと考えている。

「インドはこのところ、年率7%という急成長を遂げてきた。だが、懸念すべき兆候が見え始めている。民間部門への投資の伸び率が大きく鈍化していることがその一つだ。つまり、インド企業は新規プロジェクトや既存のプロジェクトの拡充に投資を行っていないということだ。これは、彼らが将来に不安を持っているということだろう」

汚職のまん延、公平性や透明性の欠如が、インドが大幅にイノベーションと起業家精神を損ねてきたことを示されている。インドはこれらの分野において、中国に大きく後れを取っているのだ。

急速な経済成長を遂げたにもかかわらず、インドが生み出した世界レベルの製品はごく少数にとどまっている。ロイ教授は、「インド製と表示された製品はどこにも見当たらない。インドにとって唯一の成功は、欧米企業にIT関連のサービスを輸出したことだ」と指摘する。そしてこれは、インドの成長を維持するのに十分ではない。

Panos Mourdoukoutas