次期米大統領候補のヒラリー・クリントンとタレントのシャロン・オズボーン、歌手のセレーナ・ゴメスの共通点はなんだろうか? それは、みな賢く、へとへとになるまで働いた経験がある、ということだ。

燃え尽き症候群は、極度の疲労、皮肉な考え方と無力感が組み合わさって生じる慢性的なストレスだ。キャリアの早い段階にある女性に影響を及ぼすことが多く、不安障害やパニック障害をはじめ、さまざまな病気への「入り口」でもある。

燃え尽き症候群はなぜ、キャリアの早い段階にある女性を襲うことが多いのか。3つの仮説を立ててみた。

1.ストレスへの耐性が低い

日常生活の中のストレス要因に対する反応は、心身の長期的な健康に影響を及ぼすことが分かっている。不愉快な同僚や交通渋滞、レジ待ちの行列、保育施設に子どもを迎えに行くのが遅くなるなどのストレス要因は、その瞬間は心の健康にさほど大きな影響を及ぼさないかもしれない。

だが絶えずストレスを感じており、ストレスへの耐性が十分にないと、将来的に心の健康に影響が出ることが分かっている。実際にストレスを受けてから10年も後に影響が出ることもあるのだ。

2.仕事をする上で重要なバランスが取れていない

燃え尽き症候群は、仕事の要求は多すぎるのに、そのためのリソースが足りず、さらに回復するための時間もないことが少なすぎることが原因で引き起こされる。

仕事上の要求の例としては、不公平さや社内政治、同僚や顧客との感情的対立など。リソースとは、たとえば一貫したフィードバックやリーダーによる支援、同僚との質の高いつながりなどだ。各組織や個人は、従業員に対して十分なリソースを提供しなければならない。

3.自分にとって効果のない考え方にとらわれている

燃え尽き症候群に打ち勝つには、自分にとって効果のない考え方と向き合わなければならない。女性を精神的に参らせる考え方として、筆者が最もよく耳にするのは次のような固定観念だ。

・私はもっと成果をあげなければならない
・いい母親は○○だ/○○しない(例えば「必ず夕食までに帰宅して手料理をつくる」)
・全部自分でできるはずだ
・なんとしてもやり遂げる(ヒラリー・クリントンもよくこの言い方をしている)。
・弱いと思われたくない

また多くの賢い女性は、自分の能力には限界があるという固定観念を持っている。生まれ持った知性や創造性、身体能力は、それ以上努力しても伸ばすことはできないと考えるのだ。その結果、こうした女性は自分にとっての安全地帯から決して足を踏み出すことがない。失敗のリスクを冒すよりも、安全第一なのだ。

性別と燃え尽き症候群

これまでの研究では、女性と男性、どちらの方が燃え尽き症候群になりやすいかについてはっきりした答えは出ていない。だが燃え尽き症候群の大きな要因が、女性は疲労、男性は皮肉な考え方、である傾向があるようだ。

ある研究では、女性は性別ではなく仕事の量(負荷)と家族の世話の負担が理由で、よりストレスレベルが高くなり、それが燃え尽き症候群につながると報告している。

また別の研究報告によれば、男性と女性では燃え尽き症候群の「過程」が異なる可能性がある。女性はまず極度の疲労を経験し、その後皮肉な考え方をするようになり、さらに無力感を覚える。一方で男性は、まず皮肉な考え方をするようになり、その後に極度の疲労を感じる傾向にあるということだ。

対策は

仕事に自発的に取り組む気持ちを引き起こし、燃え尽き症候群になるのを防ぐという点で有望な一つの方法が”ジョブ・クラフティング”である。自分の強みや才能、興味に合うように、仕事にひと工夫を加えるという方法だ。

・業務の新しい広げ方を考える、あるいは自分が果たすべき課題を変える
・仕事上の人間関係を強化する
・仕事に対する考え方を見直す

特に上記のような点に注意して、日々のストレスを上手くかわしていこう。

Paula Davis-Laack