「企業再生のプロ」との異名を、「いや、私は失敗のプロですよ」と笑ってかわす。ユニーグループ・ホールディングスと経営統合したばかりの新生ファミリーマートを率いる澤田貴司社長。35年の経歴は、一見すれば華麗なるエリート街道だ。

大学卒業後に入社した伊藤忠では33歳の若さでアメリカのセブンーイレブン再生に関わり、38歳で転職したファーストリテイリングでは入社10カ月で副社長に抜擢。独立後は企業再生ファンドを設立して650億円の資金調達に成功し、ダイエー再建に乗り出した。

しかし、そんな澤田の実相はかなりの”異端児”でもある。安定の商社を捨て、小売り・流通を一から学ぶ覚悟で面接を受けた会社は、1997年当時は山口県宇部市にある売上高約400億円規模の衣料品販売小売業。

「良い製品をつくり販売するというサービスを確立すれば、15兆円の日本のアパレル市場で必ず1兆円は稼げる!」と熱き夢を語る柳井正社長に感動する一方、「いろんなことを吸収して、いつか独立したい。私にとって柳井さんはステップです」と正面切って告げる図太さがあった。

店長候補として入社後は、関西の店舗で研修。柳井社長の経営理念やビジョンが残念ながら現場に浸透していないことに愕然とし、「商品が期日に届かない」「袋がうまく破けない」「値札とレジ入力が違う」など気づいた点を社長に何度もFAXした。2カ月後に呼び出され、クビ覚悟で山口の本社を訪ねると、「君の言うとおりだ。今日から経営企画室長をやれ」と命じられた。

翌年、副社長に就任後は家族も東京から呼び寄せ、ユニクロのナンバー2として約5年で4,000億円企業へと育てあげた。その後、次期社長の椅子を固辞し、念願の独立を果たす。柳井社長からは「仕事にかける情熱、不屈のチャレンジ精神、即断即決即実行」を学んだ。

振り返れば、異端児の資質は30代ですでに萌芽していた。伊藤忠時代にアメリカのセブンーイレブンを経営していた米国会社の業績悪化を受け、イトーヨーカ堂と伊藤忠でその会社を買収して再生するチームリーダーに任命されたときのことだ。

「日本のセブンイレブンの担当者が現場で問題点を一つひとつ整理し、サンドイッチ工場をどうやってつくるか、物流の効率化をどうはかるか、具体的で現実的な事柄をアメリカの経営トップに提示していったんです。その愚直で誠実な姿に感動したし、実際に会社が劇的に変わっていった。日本のきめ細かな経営は非常に可能性があると思いました」

貴重な経験を得た澤田は、95年12月27日、当時の室伏稔社長に長いレポートを提出する。タイトルは「伊藤忠の収益構造の抜本的改革へのチャレンジ」。「伊藤忠のリソースを持ってすれば、流通業界でセブンイレブン以上の会社をつくれるはずだ」という強い信念があった。

翌年1月4日、室伏社長は年頭挨拶で「今年、我が社が取り組むべきはリテール関連事業への思い切った参画である」と発言。無論、澤田のレポートを受けての所信表明だ。30代後半の一社員と巨大商社トップの間で何通ものレポートが行き来したが、最終結論は「時期尚早」。役員から「10年いればお前の絵は描ける」という声をかけられるも、澤田にその10年は長すぎた。

「退社日は昼から空けておいてくれ、と室伏社長に言われたんです。忘れもしない、97年4月GW前日、ほづみという寿司屋でサシでランチをした。お互いへべれけになるまで飲みました。社長は『お前の夢を実現できずに申し訳ない』と...」

しかし、強い信念や情熱は引きが強いと言わざるを得ない。最初のレポート提出から約20年、ファミリーマートの筆頭株主となった伊藤忠から、澤田は社長の座をオファーされた。サークルKサンクスと合わせて店舗数約1万8,000に増加となれば、首位セブンーイレブンに肉薄する。”天命”を感じた。

「小学校の校長だった父は生意気な私をよく叱り飛ばしましたが、私が26歳のとき急逝したんです。2,000人近い参列者の皆さんが、父に世話になったと喪主の私に声をかけてくれた。人の人生は死に際に評価される。周囲の人をどれだけ幸せにできたかが大事だと、亡くなった父に教えてもらいました」

目標は10年でグループ売上高を10兆円まで増やし、加盟店、社員とその家族、お客様を一人でも多く幸せにすること。店舗研修で制服に身を包んだ自らの写真を見せる澤田の表情は、新しい船出を誰よりも楽しんでいるように見えた。

さわだ・たかし◎1957年、石川県生まれ。81年、上智大学理工学部卒業後、伊藤忠商事に入社。97年、ファーストリテイリングに入社し、翌年取締役副社長に就任。2002年、同社代謝。05年、リヴァンプ設立。16年、ファミリーマート取締役を経て、9月1日より現職。

堀 香織