中国のメッセージアプリ、WeChatはフェイスブックのWhatsAppと似たようなものだと思っていたら大間違いだ。テキストの送信や画像のシェアができるのは当たり前。このアプリはWhatsAppなどを遥かに超える多彩な機能を持っている。

テンセント傘下のWeChatはメッセージングとソーシャルゲーム、SNSの3要素をブレンドし、中国を中心に7億人近くのユーザーを獲得した。ここではなぜWeChatがここまでの人気を得ているのか、5項目に分けて紹介したい。

1. 出会い機能(シェイク)

シェイクはいわゆる出会い系機能。ヒマを持て余した時は、スマホをシェイクすれば他のユーザーとつながり、チャットが楽しめる。この機能は中国の若者たちから絶大な支持を集め、特に地方から上海などの大都市に出てきた孤独なユーザーらに愛されている。

米国のメディアNPRも昨年、このシェイク機能で出会い、結婚した中国人カップルのニュースを伝えている。

2. ソーシャル機能(モーメンツ)

モーメンツはWeChatのソーシャル機能。フェイスブックやツイッターのように自分のプロフィールを掲載し、その時の自分のステイタスを投稿。他のユーザーからコメントがもらえる。フェイスブックが禁止されている中国では、人々が交流する有効な手段となっている。

3. ペイメント(決済)

米国ではフェイスブックのメッセンジャーで送金が可能になったことが、大革命のように言われるが、中国はそのずっと先を行っている。WeChatは2013に決済機能を導入。それ以来、友達に換金可能なギフトを送ったり、スマホで買い物をすることが当たり前になっている。

4. ゲーム

WeChatを運営するテンセントは世界最大規模のゲーム企業であり、自社のアプリにゲームを導入することは理にかなっている。ユーザーらはアプリ内でゲームを楽しみ、WeChatのソーシャル機能がゲーム体験をさらに豊かにする。人気タイトルの多くは3Dグラフィックに対応し、コンソールゲームに匹敵するクオリティのものも多い。

5. 割り勘機能

仲間たちと食事に出かけた際、互いの負担額の計算を面倒に感じる人も多いだろう。そんな問題を一気に解決するのがWeChatの割り勘機能。これもアプリで決済が可能なWeChatならではの機能だ。

会計の際には割り勘の計算を瞬時に行なうことが可能。互いのスマホに金額を送信し、画面をタップすればアプリから決済が行なわれる。負担額は電話料金に組み込まれる仕組みだ。

Rahil Bhagat