欧州スポーツマーケティング会社の名門TEAM社。ここは、欧州サッカークラブのナンバーワンを決める大会、UEFAチャンピオンズリーグの放映権を扱っている企業だ。

放映権といえば、スポーツをビジネス化する上で大きな役割を担い、いまや、スポーツビジネスのキーになっているといってもいい。そんな世界にアジア人としてはじめて飛び込んだTEAMのHead of Asia Sales、岡部恭英氏に個人がグローバルで活躍できる秘訣、さらには日本のサッカーが勝つための条件を聞いた。

谷本有香(以下、谷本):岡部さんはUEFAチャンピオンズリーグに関わっている初めてのアジア人だと伺いました。改めて、どんなお仕事をされているんですか?

岡部恭英(以下、岡部):私が働いているのは、ヨーロッパサッカー協会のマーケティング代理店です。そこで、私はUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの放映権とスポンサーシップのセールスをしています。そのアジア・パシフィックと、中東・北アフリカ地域の責任者をしています。

谷本:岡部さんが今のキャリアを目指したきっかけは?

岡部:僕の将来を変えるきっかけになったのは、2002年、日本で行われたサッカーワールドカップです。当時、シリコンバレーで働いていた僕は、そのサッカーワールドカップが持つ、経済的側面や国際交流を含めた威力に圧倒されました。

バブルが弾けてからずっと元気がなかった日本が、あのイベントですごい元気になった。しかも、国際交流に消極的な日本人があの期間は積極的に海外のサポーターたちとの交流を持っていた。

この様子を目の当たりにして、こんな素晴らしいイベントはない、もう一度日本にワールドカップを持ってきたい、そして、ずっとサッカーをやってきた人間として、生きている間に日本がワールドカップで優勝するのを見たい、と心から思ったんです。だから、サッカーに関わる仕事がしたいと思いました。

谷本:しかし、そんな簡単に手に入る職ではありません。

岡部:英ケンブリッジのビジネススクールに通っているとき、勉強そっちのけで、欧州5大リーグのサッカークラブやサッカー協会などを全部回り、売り込みをかけたんです。仕事をください、と。でも、現地の人にも大人気なサッカーの仕事に、日本人がありつけるわけはなく・・・。

そこで、MBAの修士論文でインタビューさせて欲しいと連絡をしてみると、意外に話が通ったんです。実はインタビューは重要ではなく、肝心なのはアポが取れたということ。その機会を利用して、自分がビジネスリサーチした結果、相手の組織のビジネスイシューやチャレンジ、オポチュニティを指摘し、レコメンデーションという形での提案もする。

そして、その実現のために必要な人材まで提案するんです。そう、それが自分なんですが(笑)。

そういうピッチをしていくうちに、3つのクラブからインターンをしないかという提案を頂きました。



谷本:「グローバルで活躍せよ」と叫ばれて久しいですが、実際活躍されている岡部さんは、グローバルで強みを発揮するために何が必要だとお考えですか?

岡部:いわゆる「グローバル人材」というものがあるのではなく、”海外に行っても日本でやっているのと同じようにやれる”ということが本当の「人材のグローバル化」なんです。そういう意味で、日本人には往々にして、成功のための大事な習慣のひとつである「勤勉さ」があるし、あとは各個人が日本であろうと、海外であろうと、自分の強いところを発揮できるようにすればいいだけだと思います。

谷本:自分の強みを見つけられない人も多いです。

岡部:見つけるには、自分の専門知識や専門性を、とにかく深く掘ることです。僕は持論として、それにプラスして「移る」という要素を大事にしています。

経営学者ピーター・ドラッガーが成長の三原則として「移る・教える・現場に出る」と言っていますが、僕はこれまで、東京からベトナム、シンガポール、シリコンバレー、そして、ヨーロッパへと「移って」きました。その結果、現在で6か国、20年間海外に住んでいる。異なる大陸の異なる国々で、様々な価値観、慣習、仕事のやり方などに肌で触れてきた経験は、実際、今のドリームジョブをつかむことにも役立ちましたし、現在も仕事上で活きています。

谷本:今のキャリアは岡部さんにとってはある意味ゴール、完成形に近いイメージですか?

岡部:全く違います。ファーストステップに過ぎません。私の夢は日本がワールドカップで優勝すること。僕だけでなく、サッカー協会も言っていますが、2050年の優勝を目指しています。その時、僕は78歳です。けれど、決して夢物語ではない。

ワールドカップって優勝した国が8か国しかないんです。しかも、南米とヨーロッパのみ。イギリスやフランスなど、一度しか優勝してない国も結構あるんです。彼らがいつ優勝したかというと、彼らの自国開催のときなんです。英語でいうホームアドバンテージというものです。これはめちゃくちゃ強い。

日本も初めて決勝トーナメントに出たのは自国開催のときです。しかも簡単に勝ち抜いていった。つまり、ワールドカップで日本を優勝させたかったら、日本で開催するというのが確率論として1番重要な要素のひとつなんです。そして、ローテーションシステム(毎回、開催国を大陸ごとにまわしていく)を考えてみると、次に持って来られるかもしれないタイミングは2050年くらいなんです。

23

谷本:では、その時に世界トップになれるために、いま、日本のサッカー界がすべき改革はありますか?

岡部:改革のためには、いろんな世界を知っている人間をリーダーに据えるのがひとつだと思います。日本のサッカー界、日本のスポーツ界、五輪もそうですが、日本でこの手のトップになるのは、だいたい元選や政治家や役人あがりなんです。それが悪いとは言わない。けれど、そうすると、その世界感だけになってしまう。

日本代表を初のワールドカップ出場に導いた岡田武史さんは珍しく、日本代表の選手、コーチも監督もやり、Jリーグの監督にもなり、また、日本の名だたる企業の社外取締役もやっている。また、四国サッカーリーグ・FC今治のオーナーになり、経営もしているんですね。あと、中国で監督もしている。

常に自らをイノベートし続け、常にボーダーをクロスしている。ファンクションからファンクション、国から国へ。そういう様々な引き出しがある人がトップに立つことが、日本の硬直した組織に見られがちな「均一化」、「一律化」といった面だけでなく、多様性に満ちたしなやかかつ迅速で強い組織を作り、大変革につながるのではないでしょうか。

谷本:岡田さんの他に、岡部さんが推薦する具体名を挙げられますか?

岡部:固有名詞でいえば、例えば孫正義さんです。また、本田圭佑選手などもそうでしょう。スポーツはいま、ビジネスであり、グローバル大競争なんです。お金がないと勝てない。また、グローバルな競争力を持っていないと勝てないんです。

潤沢な資金を持つアメリカやヨーロッパはどうしているかというと、きちんとしたビジネススキームを持って、百戦錬磨のプロのビジネスマンが経営しているんです。ならば、日本もビジネスなどの厳しいグローバルな舞台で大成功している経営者を連れてこない手はないと思っています。

岡部恭英◎TEAMマーケティング Head of Asia Sales。スイス在住。UEFAマーケティング代理店「TEAMマーケティング」のテレビ放映権/スポンサーシップ営業 アジア・パシフィック&中東・北アフリカ地区統括責任者。SBAスポーツビジネスアカデミーアドバイザリー・ボード。 TIAS(筑波大学院国際スポーツアカデミー) 特別講師。 ケンブリッジ大学MBA。 慶應義塾体育会ソッカー部出身。夢は「日本でFIFAワールドカップを再開催して、日本代表が優勝!」。

谷本 有香