スウェーデン発の音楽ストリーミングサービス「スポティファイ(Spotify)」がついに日本に上陸し、世界第2位の規模を誇る音楽市場でのシェア獲得に向けた競争の火ぶたを切った。

だが日本での事業展開には数々の障害が立ちはだかっており、同社は今後、悪戦苦闘を強いられるだろう。以下に、スポティファイが日本で苦戦すると筆者が考える主な理由を3つ挙げる。

1.日本人に響かないコンテンツ

スポティファイの創業者で最高経営責任者(CEO)のダニエル・エクは、東京で開いた発表会で、日本でのサービス開始について以下のように語った。

「これは私にとって夢の実現です。世界の200万人のアーティストたちの曲を日本に、そしてもちろん、皆が愛する日本人アーティストたちの曲を世界に届けられるのです」

日本上陸に当たって、新サービスの導入も発表された。再生中の曲の歌詞を画面に表示する機能で、カラオケを念頭に置いたものだ。

同社は日本で1年以上かけて準備を進め、提供邦楽曲の数を増やすべく複数のレコード会社と契約を結んだ。配信楽曲数は4,000万曲に上り、日本人向けのプレイリストも充実させたという。

世界のアーティストたちを日本に、そして日本のアーティストたちを世界に、というビジョンは聞こえこそいいが、ごく単純な事実を見逃しているようだ。

日本では、国産のバンドやアーティストに対する人気の比重が極端に大きい。スポティファイは日本のレーベル数社と契約を交わしたものの、提供できる楽曲数は限られている。

ジャパンタイムズは音楽配信専門家の榎本幹朗氏の話として、スポティファイの楽曲リストにはオリコンチャート入りしたヒット曲が半分も含まれていないことを指摘している。

同様の問題は、新しい「カラオケ」機能にもある。カラオケは通常、グループで楽しむためのものであって、家で一人楽しむものではない。さらに、日本では音響設備が充実したカラオケ店が至る所にオープンしている。新機能が日本のユーザーにどのような付加価値をもたらすのかは不透明だ。

2.小規模市場に乱立するサービス

日本では昨年、国内外のストリーミングサービスが次々と提供を開始した。各社はそれぞれ順調な滑り出しを見せており、スポティファイもおそらく当初は成功を収めるだろう。

仮にLINE MUSICが8週間で達成した800万回のダウンロード数に匹敵する人気をスポティファイが得たとしても、無料サービス利用者の定額サービスへの誘導は難しい。Engadgetの調査によると、各サービスでの平均移行率は約4割にとどまっている。

さらにこの移行率を下げる要因として、スポティファイの定額料金(Google PlayやApple Musicと同じ980円)がLINE MUSICやAWAと比べると割高であること、邦楽アーティストの曲が不足していることが挙げられる。

また、統計サイト「スタティスタ(Statista)」のデータでは、2016年の日本の音楽ストリーミング市場規模はわずか1億7,300万ドル(約176億円)とされている。年間成長率は10%で、2021年には2億7,900万ドルに達する見込みだ。一方、昨年の米国の同市場規模は200億ドルだった。

これをアマゾン・ドットコムやアップル、グーグル、LINE、AWA、スポティファイの6社で均等に割ると、5年後の日本の音楽ストリーミング市場における1社当たりの収益は29億円となる。これは各種税金やアーティストへの支払いを差し引く前の金額だ。

3.「ガラパゴス」への適応不足

日本の音楽市場規模は年間30億ドルで、米国に次ぎ世界第2位だ。だが他国とは異なり、その収益の大半はCDの売上によるものだ。日本で販売される音楽作品の8割がCD媒体で、その大半を購入しているのが、ストリーミングよりも手元に残る製品を好む年齢層の高い人々だ。

こうした日本特有の状況はしばしば「ガラパゴス」と呼ばれる。スポティファイは日本のレーベル数社と契約を結びながらも、日本の消費者の需要を良く理解していないように思える。

スポティファイは今後、競合他社よりも割高な料金と、日本人に響かないコンテンツを持ってして、比較的小規模ながらも競争が増す市場でのシェア獲得に奮闘することになる。

Marc Prosser