出世をするには「複利」の考えが必要です。

複利と聞いたらまず思い浮かぶのが、貯金や金利などではないでしょうか?しかし、今日ここで話すのは資産運用の話ではありません。

ここで話すのは”人生の資産運用”についてです。この複利の力を理解すればあなたの持つ資産を加速度的に成長させることができます。

それでは、あなたの持つ資産とはなんでしょうか?

それは、あなた自身であり、あなたの持つ知識、スキルそして、人脈です。複利の力を理解することで、あなたの持つ知識やスキル、人脈を加速度的に増やすことができます。

学歴は出世や昇進に必要か?

私は、学歴そのものは出世や昇進に関係ないと考えています。それでは、なぜ学歴の良い人は出世が早い印象をうけるのでしょうか?

それは、高校受験や大学受験で頑張って勉強した人は、若いうちに勉強することで得た知識や経験を”複利的”に増やし、大きくすることができるからです。

若いうちに頑張って勉強したり、努力したりした人は、複利の力を知らず知らずのうちに享受し、醸成した知識や経験を武器に、その後も出世や昇進する可能性が高くなるのです。

まず、複利とは何か考えていきましょう。

迷わず「今日もらえる100万円」を選べるか

あなたは「今日もらえる100万円」と「1年後にもらえる100万円」でしたらどちらを選ぶでしょうか?

複利の考えがわかっている人は、迷わず「今日もらえる100万円」を選ぶでしょう。それは、同じ100万円でも時間の概念が加わると価値が変わるからです。

例えば、今日もらった100万円を銀行の定期預金に預けておきましょう。そうすれば、0.2%の金利だとしても、預けた100万円は1年後に100万2,000円になります。

逆に、「1年後にもらえる100万円」は1年間銀行に預金しておいて、100万円になる金額と考えられますから、今の価格は100÷1.002で99万8,000円ということがわかります。

同様に「時間」という概念はあなたの人生の資産に対しても付加価値をもたらします。

そして、この年間に0.2%しかつかない金利であっても10年経てば、100万円は102万円になります。「今もらえる100万円」と「10年後にもらえる100万円」を比べれば、2万円も差がついてしまうことになります。1年目の差はたったの2,000円だったのに、10年の時間が経てば2万円、つまり増加分は10倍も差がついてしまうということになります。

これが、100万円ではなく、1億円だったらどうでしょうか? 10年でその差は200万円にもなってしまいます。

このように複利は時間を味方につけてコツコツと、雪だるま式に増えていきます。ですから、若いうちは多少忙しくてもスキルアップできる職場にいるべきです。そうすることでその時に得たスキルの恩恵をその後も長期間にわたって複利的に享受できるからです。

人脈でも同じことが言えます。人との出会いは出会いを生み、さらにその出会いがまた新たな出会いを呼び込んでくれます。そう考えれば、人とのネットワークを作ることに気後れしている暇はないはずです。

複利の考えは自分そのものも成長させる

複利は元金(元本)だけでなく利子そのものにも次期の利子がつきます。複利を利用すれば、人生の資産においても、新しく得た知識やスキル、人脈は加速度的に増えていきます。さらに、元本であるあなたそのものも複利は成長させてくれます。

日頃から複利の考え方を理解して取り組むことで、結果として人よりも素晴らしい成長を享受できるのです。

※訂正:10月9日 年利の数字を訂正、情報を追加しました。

猪俣 武範