東京都立川市にある「ふじようちえん」。いまや日本で一番有名な幼稚園として認知され、連日、国内外から多くの視察者が訪れている。

ふじようちえんのポリシーである「子どもが育つこと」を真ん中に、アートディレクターの佐藤可士和氏をディレクターとし、建築家の手塚貴晴氏・手塚由比氏によって設計された斬新なドーナツ型の園舎は、グッドデザイン賞や、アジアデザイン賞、日本建築家協会賞など数々の賞に輝いている。

教室はすべてガラス張りで、天窓からは光が入る開放的な作りになっているほか、教室と教室、屋内と庭の境界線もない。園庭には2頭のポニーがいて、園児たちは自分達よりも大きな動物と戯れる。また園舎の軒先には季節の野菜が並び、自分達で収穫したじゃがいもをポテトチップスにして食べる。

一見、幼稚園に見えないこの空間は、子供だけでなく、大人をもワクワクさせる壮大なアミューズメントパークのようだ。「世界一楽しい幼稚園」を着想した加藤積一園長に聞いた。
谷本有香(以下、谷本):まずは何より驚いたのは、加藤園長と一緒に園内を歩いていると、一人残らず、すべての子供たちが園長に手を振ったり、タッチを求めにやってくる。ここまで園児たちから慕われている園長先生をこれまで見たことありません。

加藤積一(以下、加藤):子供たちにとってタッチは「会話」なんですよね。

この園舎の設計を手掛けた手塚貴晴・由比夫妻は、外部空間と気持ちよくコミュニケーションが取れる家造りを得意とされています。実際、園舎は、中と外との境界線がありません。部屋や外壁には大きなガラスがふんだんに使われており、すべての教室が互いに見える作りになっています。また、園の外からも中を見渡すことができ、地域の中に溶け込んでいるんです。

また、コミュニケーションは人との間だけではありません。自然とのコミュニケーション。木と土と風を一年を通して感じながら、自然の中で遊び、四季折々の感覚を味わうことができる、これがふじようちえんなんです。

谷本:ふじようちえんは最先端だ、と世界から注目されています。

加藤:それは違います。もちろん、時代の頭としての「先端」も意識していますが、きちんと「しっぽ」も取らえ、子供たちにわかりやすく伝えているつもりです。

「しっぽ」というのは、昔の子供たちのように、五感をフルに使わせること。たとえば、車や地下鉄などが発達し、雨に濡れない時代だからこそ、ふじようちえんでは、雨に直接さわれるガーゴイル(西洋建築の雨どい)を設置しています。

雨の感じが「しとしと」なのか「ざーざー」なのかがわかる子に育てたい。情感を育むということです。五感をフルに使って感じて、そして考える。これを大切にしています。

谷本:そんな、ふじようちえんが大切にしている想いが園内あちこちに見られます。

加藤:昨今、本屋に行けば「How To」ものばかりが置かれていますよね。私が大切にしたいのは、「What To Do」、つまり「何をするか」ということです。子供時代にやることは「子供をしっかりやること」、これに尽きると思うんです。

遊びの中にはすべての要素が入っています。だから、ふじようちえんは、園庭もわざとガタガタに作っています。一回転べば、そこで学び、もう転ばないんです。そうやって体幹を形成していく。

また、集中力を養うために、壁を取り付けず、わざとうるさい状況を作り出しています。それに、ドアは全部閉まりにくいようになっている。隙間風が入って寒いので、子供たちが自らきちんと閉めるようにするための仕掛けなんです。水を出しっぱなしにしないために、跳ね上がった水で脚が濡れるようなデザインも採用しています。

谷本:ふじようちえんは、モンテッソーリ教育でも有名です。

加藤:日本でモンテッソーリをやっているところはまだ少ないですよね。なぜなら、それを教える先生の育成が大変だからです。たまたま、ふじようちえんでは先代から45年間、この教育をやっています。

モンテッソーリといえば、「グーグルはモンテッソーリメソッドなくしてありえない」などとも言われ、創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがこの教育を受けたことで有名です。また、バラク・オバマ米大統領やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスなどの成功の秘密も、この教育にあると言われています。

モンテッソーリ教育の基本にあるのは「子供は自ら成長発達させる力を持って生まれてくる」というもの。ですので、私たちは、子供たちの自立心が育つことを主眼に置き、自然や人とのふれあいの中で、多くの発見をし、自ら考え、理解していくことをサポートしています。

谷本:そもそも、加藤園長ご自身は、もともと教育分野の方ではなかったのですよね。

加藤:はい。国会議員の秘書をしたり、食品関連の商社で働いたり。海外にもたくさん出かけました。幼稚園に携わる前は、ケーキ店もやっていました。

そんな時に、父親が営んでいた藤幼稚園(当時)で、園のバス運転手がインフルエンザになってしまった。そこで1週間、運転手を代行したんです。そしていざ園を去ろうとしたら、子供たちが「遊ぼ遊ぼ」とまとわりついてくる。そこで、ハッとしました。「私はいままで何をしていたんだろう」と。

価値の在り方がそこで大きく揺らいだんです。幼児教育の大切さにはじめて気づかされた瞬間でした。実は、もともと50〜60歳くらいで家業を継ごうとは思っていたのですが、36歳で入社を決め、2000年に引き継ぐ形で園長に就任しました。

谷本:そのようなバックグラウンドだからなのか、ふじようちえんは、幼児教育は勿論、経営という観点にもおいても非常にバランスが取れているように見えます。

加藤:父ちゃん母ちゃん企業だからですよ(笑)。副園長(妻)がいなかったらできなかった。私だけでは無理だった。一般企業出身の二人で、ひとつひとつ「おかしいな」「足りないな」と思うものを変え、新しいものを作り出してきたんです。

谷本:ふじようちえんは、幼児教育のみならず、先生たちの自主性も重んじていると伺いました。

加藤:そうですね。先生たちに自発的に活動してもらうために、面白いと思うものはどんどんやってもらっています。

例えばサタデースクール。土曜日に様々なイベントを先生主導で催しています。バター作りやイチゴ狩り、BBQ。中でも「おひめさまになろう企画」は大変人気のあるコンテンツです。参加費は3,000円ですが、利益はすべて先生たちで分配していいようにしています。

こういう機会を通じて先生にも「利益が生まれる瞬間」を感じ、経費感覚を養ってほしいんです。実際、自分たちが企画したイベントで人が集まったり、喜んでもらえることで、生きがいも感じてもらえているようです。

谷本:まさに、ふじようちえんに関わるすべてのステークホルダーが満足するという「三方よし」の精神ですね。

加藤: 子供よし、家庭よし、先生よし。この三方よしが派生して、今度は地域を良く・・・と、それがどんどん広がっていく。私がしているのは、「理念のデザイン化」なんです。そして、その理念とは「幸せな未来をつくること」なのです。

谷本:最後に、加藤園長の夢はなんですか。

加藤:小学校をやろうと思っています。もともと、ふじようちえんは「どうすれば『子供の育ち』にいいのだろう」という思いがコンセプトになっています。それには幼児期が大切だということで、ふじようちえんを作った。

しかし、そこで終わってしまっては勿体ない。そこで考えているのは、ふじようちえんの「付属小学校」(笑)です。しかも、「世界から人が集まる小学校」を2020年ぐらいに作りたいと思っています。

加藤積一◎1957年東京都生まれ。1980年法政大学社会学部卒業。商社勤務、ケーキ店経営などを経て、1992年藤幼稚園入社。2000年に園長就任。現在、NPO法人全国元気まちづくり機構理事、私立幼稚園経営者懇談会会員も務める。

谷本 有香