世界の多くのビジネススクールで採用されている入学者選抜試験、GMATの試験対策アプリのメーカー、レディーフォー(Ready4)は9月末、今年で2回目となる「世界で最も人気のビジネススクール」ランキングを発表した。

このランキングは、MBA取得を目指す195か国の25万人以上の学生たちに、入学したい上位10校を挙げてもらった結果をまとめたもの。その結果、ハーバードとスタンフォードが2015年に引き続き1位と2位につけ、ウォートンスクール(ペンシルベニア大)が2015年から2ランク上昇して3位にランクインした。

人気の高いビジネススクールは、入学者の選抜がきわめて厳しい。ハーバードの2018年度の入学者は934人で、出願者の10%。スタンフォードの場合は417人で、出願者のわずか5%となる。ウォートンスクールは851人で、合格率は13%だった。

授業料は年間6万4,000ドル〜7万4,000ドル(約654万円〜756万円)までの幅があり、年間コストは総額で10万ドル(約1,020万円)を上回る(通常MBAプログラムは2年制)。とはいえ、卒業生の1年目の平均年俸は18万ドル〜20万8,000ドル(約1,838万円〜2,124万円)にのぼる。

全ビジネススクールの卒業生の就職先として、最も多いのは依然として金融関係だが、近年ではテクノロジー部門への移行もみられる。ハーバードとスタンフォードの両方で、MBA卒業生のうちテクノロジー部門に就職する者の割合は2011年以降、およそ2倍に増加した。ウォートンスクールでは、その増加ペースはより緩やかだ。

調査会社ピッチブック(Pitchbook)によれば、これらのビジネススクールは過去10年に、それぞれ数百人ものベンチャー起業家を輩出している。その数、ハーバードからは1,069人、スタンフォードからは720人、ウォートンからは577人だ。

レディーフォーのランキングで、2015年から最も順位が変動したのはカリフォルニア大学バークレー校で、15位から10位にランクアップ。同校はUSニューズ&ワールド・リポート誌の2016年 MBAランキングでも7位に入っている。

トップ10には、1年制のMBAプログラムも二つ入っている。そのうちの一つ、5位に入ったインド商科大学院(ISB)は、1996年に元マッキンゼーのコンサルタント二人がインド・ハイデラバードに創設した学校だ。1997年には、ウォートンスクールとノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院とパートナーシップ提携。2008年には、創設から最短期間でフィナンシャル・タイムズ紙グローバルMBAランキング入りを果たしたビジネススクールとなった。

もう一校は、パリのフォンテーヌブロー近くを拠点とするインシアード(INSEAD)で、9位にランクイン。同校の1年制のMBAプログラムは1月にフィナンシャル・タイムズ紙のMBAランキングで1位を獲得。アジア勢(インシアードはシンガポールとアブダビにもキャンパスがある)で初の1位ということもあり、2016年は良い年となったと言えるだろう。

第2回「世界で最も人気のビジネススクール」ランキングの上位25校は以下のとおり。

1. ハーバード大学
2. スタンフォード大学
3. ペンシルベニア大学(ウォートン)
4. MIT(スローン)
5. インド商科大学院
6. コロンビア大学
7. ロンドン・ビジネススクール
8. ニューヨーク大学(スターン)
9. インシアード
10. カリフォルニア大学バークリー校(ハース)
11. シカゴ大学(ブース)
12. ノースウェスタン大学(ケロッグ)
13. インド経営大学院
14. イェール大学
15. デューク大学(フュークア)
16. オクスフォード大学
17. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
18. HECパリ経営大学院
19. コーネル大学
20. ケンブリッジ大学
21. シンガポール国立大学
22. UCLA
23. SPジェイン・インスティテュート・オブ・マネジメント
24. ミシガン大学アナーバー校(ロス)
25. ダートマス大学(タック)

Forbes JAPAN 編集部