中国の自動車メーカー吉利汽車(ジーリー)は、最も利益が見込めるセグメントに進出する方針だ。「トヨタの戦略を、ファストファッションのザラのようなやり方で推進する」という。

浙江省杭州市に本社を構える吉利汽車は数週間以内に、国内市場に加えて欧米市場への進出も狙い、「手の届くプレミアム」ブランドを立ち上げる予定だ。同社幹部はこれについて、「わが社のグローバルブランドになる」と話している。

この幹部によれば、「プラグインハイブリッド車と、ハイブリッド車を各市場に投入する。浙江省台州市にある工場で生産し、テスラ方式で販売する」計画だ。

吉利汽車は2010年、スウェーデンのボルボを米フォードから買収。その後、110億ドル(約1兆1,320万円)を投資してボルボの立て直しに着手、新たなラインを導入してきた。エンジニアリングに関するボルボのノウハウと、意欲あるチームを手に入れた吉利が買収後に発表したモデルは、概して好評を博している。

新ブランドのモデルは、世界100か国におよそ2,300店舗あるボルボの販売ネットワークを活用し、販売を展開していく考えだ。

計画は難航?

だが、吉利汽車の計画はそれほど簡単には進まないとの指摘もある。

日本の自動車メーカー大手のある幹部は、「高評価を得るためには、価格に見合った価値を大幅に上回る価値を提供しなくてはならないだろう」と話す。低価格のプレミアムという考えが今でも関心を引く特徴なのか、疑問だという。

「欧州ではいまや、ほとんど誰でもBMWやメルセデス、アウディの車を買うことができる」

さらに、独自動車大手の幹部もまた、吉利にとっては苦難の連続になるとの見解を示している。

「欧州市場ではあまりハイブリッドが受け入れられていない。その状況と闘っていかなければならないだろう」

「独仏伊のいずれにおいても、EU市場への進出を目指す吉利をいら立たせるあらゆることが起きるだろう。各国は、国内のメーカーやサプライヤーを守ろうとする」

中国の江鈴汽車(こうれい)のブランド「陸風」と華晨汽車(かしん)は欧州市場への進出を計画したものの、どちらもうまくいかなかった。奇瑞汽車(きずい)も「チェリー」ブランドのモデルの投入を目指したが、同様に成功をみることはなかった。

「低価格プレミアム」を推進する戦略においては、トヨタが第一人者とみなされてきた。同社は1980年代にレクサスブランドを立ち上げ、高級車に分類される車を低価格で発売。プリセールスでもアフターセールスでも卓越したサービスを提供したことで、従来の高級ブランドとの間に摩擦を生じたものの、米国ではこうしたアプローチが奏功した。だが、競合他社と同じ価格帯で販売した欧州市場では、苦戦を強いられた。

また、「テスラ方式」で販売するという吉利は、米国市場でもその他の中国メーカーと同様、強い向かい風にさらされることになるだろう。米自動車専門紙オートモーティブ・ニュースのアナリストは、米国では多くの州が関連する州法を改正、「実質的に、テスラだけに適用されない規則を導入している」と指摘。テスラでさえ、その立場は危うくなってきていると述べている。

前出の独メーカーの幹部は、「大きな発表をするのは簡単だ」と語る。「結局のところ、全ては実行力と持久力しだいだ」。

Bertel Schmitt