自動運転車の開発にあたるメーカー各社は、これまでに巨額の投資を行い、地球規模のパートナーシップを締結してきた。グーグル、Drive.ai、フォード、ゼネラルモーターズ、トヨタ、NuTonomy、バイドゥ、デルファイは、合計で何百万マイルものテスト走行を実施している。

最先端テクノロジーを用いれば、数か月後には自動運転車が実現すると考える人もいるかもしれないが、それは大きな誤りだ。人工知能が人間のドライバーを超えるためには、テクノロジーやセキュリティの面での課題がまだまだ多い。

トヨタがシリコンバレーに設立したトヨタ・リサーチ・インスティチュート(Toyota Research Institute、TRI)のギル・プラット(Gill Pratt)CEOは、技術を実証するには、とにかく走行実績を積み上げるしかはないと主張する。「これまで、自動運転車業界は何百マイルものテストを実施してきた。これは誇るべき実績だが、完全自動化を実現させるだけの信頼性を獲得するためには、その百万倍もの走行テストが必要だ」とプラットは話す。

プラットの言う「完全自動化」とは、モビリティ関連技術の専門家を会員とする非営利的団体、「Society of Automotive Engineers(SAE)」が定義した自動運転技術の分類のうち、最高レベルである「5」を指す。

「レベル5とは、あらゆる状況下で自動運転システムが対応し、目的地まで自動的に運転してくれることを意味する」とプラットはインタビューで述べている。テスラの「オートパイロット機能」をはじめ各社が取り組む自動運転技術は、現段階ではレベル2に過ぎないという。

一体いつになったらレベル5に到達できるのだろうか。TRIに参画する前は国防高等研究計画局(DARPA)でプログラム・マネジャーを務め、DARPA主催のロボットカーレースにも携わった経験のあるプラットはこの問いに対し「わからない」と答える。「間違いなく言えることは、レベル5を獲得するのはとてつもなく難しいということだ」と彼は言う。

トヨタは、2020年の東京オリンピック開催までに最低でもレベル4の自動運転車を披露することを宣言している。ルノー/日産の日仏連合も、同時期にレベル4を達成することを計画している。レベル4とは極度の悪天候の場合等を除いて、完全自動運転が可能になるレベルだ。


都市部での導入は2028年?

人工知能は学習したことのない状況に直面したときに、人間の直感のように瞬時に判断することが極めて難しいとカーネギーメロン大学のコンピュータサイエンス学部のアンドリュー・ムーア学部長は指摘する。

「最後の10%、最後の1%が本当に難しい。都心部での自動運転が実現するのは、2028年になるだろう」とムーアは最近のインタビューで述べた。

「歩道で遊んでいる子供が突然車の前に飛び出してきたときに、人間であればとっさに対処できる。しかし、人工知能が信頼性を確立するためには子供型ロボットを使って5、6年は集中的に実験を行うべきだ」とムーアは話す。

サイバーセキュリティ対策も自動運転車の実現においては大きな課題だ。自動運転車はクラウド上のデータや地図ネットワークに接続するため、ハッキングの脅威に晒される。

「コネクテッドカーの普及に伴い、自動車業界においてはサイバーセキュリティへの取組みが重視されている。特に自動運転車にとっては重要な問題だ」とIHS マークイットでリサーチ・ディレクターを務めるEgil Juliussenは話す。

IHS マークイットの最新レポートによると、サイバーセキュリティ対策ソフトウェアの市場規模は、自動運転車テクノロジーの普及により2023年までに7億5,900万ドルまで成長するという。

「自動運転車を実現するに当たって、我々はどの程度のリスクを許容すべきなのか考えなければならない。人間の能力並みのテクノロジーでは不十分だ。メーカー各社は、人間をはるかに超えるパフォーマンスを達成しなければならない」とKalraは述べている。

Alan Ohnsman