電気自動車大手の米テスラモーターズがまた一つ、世界の自動車業界における新たな記録を打ち立てた。ブランディング専門会社、インターブランドが毎年発表している「ベスト・グローバル・ブランド(Best Global Brands)2016」に、新興自動車メーカーとして初めて名を連ねたのだ──100位ではあるが。

ブランド価値に基づくランキングの100位に入ったテスラのブランド価値は、40億ドル(約4,155億円)とされている。インターブランドのダニエル・ビンス社長は因習を打破し、誰にも止められない成長を続ける同社について、「自動車ブランドをゼロから築くことは可能であると証明した」と指摘。「近年ではニッチ市場を狙うもの以外、新たにブランドを確立することができた自動車メーカーは他にはない。参入が非常に難しい業界だ」と説明した。

テスラはランキングの作成にあたって採用されている評価基準の多くに強みを持っている。テスラ・ブランドに関する一般消費者の声についてビンスは、「これまでの生産台数が少ないにもかかわらず、自動車業界で革新的なメーカーはどこかと尋ねると、テスラだと答える人が多い。今後のパフォーマンスを反映するものだ」と語る。

グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、インターブランドは毎年、さまざまな評価基準に基づきランキングを作成している。それぞれのブランドが持つ価値を金額に換算した上で、ランキング化するものだ。各社の評価にあたっては、企業の財務状況、顧客の購買行動に与える影響、ブランド・ロイヤルティーや将来の成長を生み出す能力から割り出した「ブランドとしての強」みなどを考慮に入れている。

今回も上位を占めたのは昨年と同じ顔触れ。1位から順に、アップル、グーグル、コカ・コーラ、マイクロソフトとなった。ランキング入りした企業を業種で分類した場合、最も多くの名前が挙がったのは自動車業界だった。

業界トップはトヨタ

自動車業界で最も上位に入ったのは、5位のトヨタだ。ブランド価値は昨年から5%増え、536億ドル(5兆5,670円)近くに達した。同業ではその他、13社が100位入りしている。


トヨタに次いで上位に入った自動車メーカーは、メルセデスベンツ(9位)。米国ブランドは、テスラ以外ではフォードが名を連ねるにとどまった。評価基準である「グローバルな事業展開」を実現しているブランドが他にはないことが、その理由とみられる。

ランク入りした自動車メーカーのうち、前年からの価値の上昇率が最も高かったのは日産。22%増の111億ドルと評価された。

以下、ランキングに入った自動車メーカー各社を上位から順に紹介する(金額はインターブランドが算出したブランド価値、割合は前年比での価値の増減を表す)。

5位 トヨタ 536億ドル(5兆5,670円)、+5%
9位 メルセデスベンツ 435億ドル、+18%
11位 BMW 415億ドル、+12%
21位 ホンダ 221億ドル、-4%
33位 フォード 130億ドル、+12%
35位 ヒュンダイ 125億ドル、+11%
38位 アウディ 118億ドル、+14%
40位 フォルクスワーゲン 114億ドル、-9%
43位 日産 111億ドル、+22%
50位 ポルシェ 95億ドル、+18%
69位 キア 63億ドル、+12%
78位 ランドローバー 57億ドル、+11%
88位 ミニ 50億ドル、+18%
100位 テスラ 40億ドル

Dale Buss