フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグはバーチャルリアリティ(VR)こそが、コミュニーケーションの新大陸であることに自信を深めている。

10月6日、米カリフォルニア州サンノゼで開催の「オキュラス・コネクト」カンファレンスの場で、フェイスブック社はVR関連事業に新たに2億5,000万ドル(約260億円)の投資を行なうと表明。VRの早期普及に向け、ゲームやエンタメ等のコンテンツの創出を活性化していくと述べた。

フェイスブックはオキュラスのコンテンツ開発支援のため、既に2億5,000万ドルを投じてきたが、追加で同額の支援を確約した。このうち1,000万ドル(約10億円)はVRを活用した教育ソフトの開発支援に充てられる。

「100万人以上の人々が既にVR製品を利用しています」とザッカーバーグは述べた。フェイスブックにアップされた360度動画は既にサムスンのGear VR等のデバイスで体験可能になっている。

「VRの普及は予想以上のスピードで拡大しています。優れたソフト開発こそが次のステップとして求められています」

同社は現状のオキュラスリフトのようにPCに接続せずとも単独で動作する、手頃な価格のVRヘッドセットの開発を進めている。ザッカーバーグは「まだ完成したプロダクトではない」としつつも、バーチャル空間で仲間らとコミュニーケーションをとるデモを披露した。

VRでソーシャル体験を拡大

「ハードウェアのイノベーションと次世代のソフトウェアの組み合わせにより、このような体験が可能になります」と、デモを披露したザッカーバーグは述べた。

オキュラス関連事業では半導体メーカーのNVIDIAやAMDと共同で、VR向けの廉価なPCの開発も進めている。年内には199ドルのハンドコントローラー「タッチ」の出荷を開始するほか、音質に優れた49ドルの新型イヤホンも披露した。

さらに、VR空間でユーザーをナビゲートするブラウザ「Carmel」や、ユーザーの動きを模倣し、人間そっくりの表情表現が可能な「オキュラスアバター」等の新技術も披露した。同社はVRでのライブストリーミングに用いる新ツールの発表も計画中だ。




ザッカーバーグがVR注力の姿勢を見せたのは2年前のことだ。フェイスブックは当時、製品をリリース前だったオキュラス社を20億ドル(約2,000億円)で買収した。彼は今回のイベントで「VRは人々のソーシャル体験をさらに豊かにします」と述べた。

「VRソフトにより離れた場所に居る人々と、時間や体験を共有する世界が実現します」

オキュラスは今回、2つのソーシャル機能を発表した。「パーティー」機能ではバーチャル空間内で最大8名との会話が可能になる。「ルームス」機能では友人らのアバターと集い、ゲームをすることも可能になる。

壇上でオキュラスリフトを装着したザッカーバーグは、VR空間で自宅のリビングルームに移動。妻のプリシラも参加し、バーチャルな”自撮り棒”を空中に取り出し、二人で「モダンな自撮り写真」を撮った場面では聴衆から大きな歓声があがった。

会場を埋めた開発者らにザッカーバーグは、「開発者のコミュニティこそが、バーチャルリアリティの未来を担っている」と述べた。また、VRが人々をつなげていく未来に大きく期待していると述べた。

「人々をつなぐ役割を果たすソフトを我々は求めています。この2年間でVRをとりまく環境は、予想以上の進化を遂げました。あなた方が作り上げようとしている未来に非常に興奮しています」とザッカーバーグは語った。

Kathleen Chaykowski