あまりに多くの人が、ずっと夢見ていることがあるにもかかわらず、その実現に向けた行動を起こしていない。それにはそれなりの理由はある。まだきちんと形になっていないとか、資金が不足しているとか。

だがそろそろ、夢の実現のために時間をつくるべきだ。あなたがやらなければ、ほかに誰がやってくれるというのか。行動を始めない理由は、いつだってあるものだ。成し遂げたい夢についてあれこれ考えてみると、やるべきことに圧倒されて溺れそうになることもある。

だが夢を実現するには、浅瀬に足を踏み入れるだけでは駄目だ。ここでは、夢の実現に向かって行動を始めるための、5つのヒントを紹介する。

1. 具体的な計画を立てる

「夢を現実にするのは魔法ではない。汗と決意、そして懸命な努力だ」というコリン・パウエル米元国務長官の言葉は、この上なく正しい。

夢のプロジェクトを始動させるには、夢見ることをやめなければならない。概念の世界から飛び出して現実的な目標を立て、それを達成するまでにやるべきことを具体的に計画するのだ。大変な作業かもしれないが、夢から抜け出すことが最初の一歩だ。

2. 期限を設定し、守る

目標だけでなく、それを達成するための現実的な期限を設定することも重要だ。学校の課題のように、締め切りがあると時間の管理ができる。「できた時が終わる時」と思っていては、永遠にできないのだ。

筆者が好きなのは、自分にご褒美をあげるやり方である。夢があまりに遠く思えてやる気が起きない時、期限までに目標を達成できたら自分にご褒美をあげるのだ。それでもうまくいかない場合は(マサチューセッツ工科大の研究者たちによれば)、配偶者や友人、信頼できるメンターなどの第三者に期限を決めてもらうといい。つまり結局のところ……

3. 一人ではできない

マイケル・ジョーダン曰く「試合に勝つために必要なのは才能だが、決勝戦に勝つために必要なのはチームワークと知性だ」という。

いくら優秀でも、全力で取り組んでも、それだけでは足りない。自分を助けてくれる人々のネットワークが必要だ。自分一人で取り組んでいるプロジェクトには限界がある。視野を広げて、その先を見ることは重要だ。

4. 失敗を受け入れる

夢というのは、大きくて厄介なものだ。そこに向かう道のりは、困難や驚きに満ちている。物事は自分の思いどおりにはいかないし、あなたが目指しているものを全ての人が理解してくれる訳ではない。

でも、初めての試みであれ、何度目の試みであれ、全ての物事が完璧にできる訳ではない。完璧を目指すよりも、失敗も成功と同じように一つの過程なのだと受け入れるべきだ。そしてフィードバックを求める際には、批判は自分のプラスになることを理解しよう。

あらゆる試みの中での気付きや質問、挫折は、全て何かを学べる新たなチャンスだ。

5. 前に進むための備えを

俳優のジム・キャリーは、かつてこう言った。「諦めるよりも、飢え死にするリスクの方がマシだ。夢を諦めたら、何が残るのか?」次の一歩を踏み出すのが辛い時もある。夢が夢のままで終わることが多いのは、夢を実現する過程が難しく、痛みを伴うことも多いからだ。

だが、だからといって実現が不可能なわけではない。実現すべき十分な意義を感じることがあったら、どんな挫折に直面しても前進するのだ。自分を信じて、決して諦めることなく前進し続けるべきだ。チャレンジしなければ、勝つことはできない。

小説家レイ・ブラッドベリは「自分のすることを好きになり、自分が好きなことをせよ。やめておけと言う人の言葉には耳を傾けるな」と言った。この言葉は今でも真実だ。

あなたの夢は、あなたにとって最も重要で、それを追求するための時間をとり、達成までのあらゆる過程を慈しむことが大切だ。目指すべき道は、すぐそこにある。さあ、最初の一歩を踏み出そう。

Jennifer Cohen