有害なタイプの人間は、論理に基づく思考を否定する。こうした人の中には、自分が周囲に及ぼしている悪影響に全く気付かずのほほんとしている人も、混乱を引き起こして満足気な人も、故意に相手を怒らせたりする人もいる。

さまざまなタイプの人たちにどう対応すべきか学ぶのは、大切なことだ。だが、本当に有害な人たちには、時間もエネルギーも費やす価値はない(ただ、こうした有害なタイプはあなたからどちらも大量に奪っていく)。彼らは不要に物事を複雑にし、衝突を招く。最悪なのは、あなたのストレスの原因になることだ。

「今現在のあなたは、一緒に過ごすことが最も多い5人からできている」とよく言われる。もしその5人の中にたとえ1人でも有害な人が入ってくれば、あなたはその人がどれほどあなたの足を引っ張ることに”長けて”いるか、すぐに気付くだろう。

以下に紹介する5タイプの人たちは、あなたが何としても距離を置いておくべき有害な「消耗させる人」たちだ。

不公平な人

人間関係の基礎は、相互に利益をもたらすということだ。自然に「ギブ・アンド・テイク」の関係が成立している。職場では、上司と部下、同僚同士の関係がこうした人間関係に該当する。

その関係が有害なものになるのは、一方が不当に与えてばかりの状態になったときや、受け取ることばかりを望むようになったときだ。可能であれば、そうなった相手とは距離を置き、与えるのをやめることが最善の策だ。

受動攻撃型の人

最も多い受動攻撃の一つは、全くと言っていいほどに努力をしなくなることだ。職場では、受動攻撃は死活問題だ。前進し続けるためには、意見や考えを述べ合うことが必要だからだ。

こうしたタイプの人たちは神経質で、対立を避けようとする傾向がある。そのため、何らかの話題などを持ち出すときには可能な限り、建設的かつ平和的に、そうする必要がある。

許さず、信用しない人

仕事上のミスは避けられないものだが、中には他人のミスにあまりにも固執する人たちがいる。まるで、自分自身は決して間違いを犯さないと確信しているかのようだ。

こうしたタイプは、何かに恨みを持ち、他人が自分に害を及ぼすのではないかと常に恐れている。あなたもそのことに気付くはずだ。重要なプロジェクトについて、あなたに不満を言い始める場合もあるかもしれない。

注意しておかないと、このタイプのこうした態度は、成長のための大切な機会を奪い、あなたのキャリアの向上を妨害するかもしれない。

懲罰的な人

懲罰的な人間関係とは、相手の行動が自分の期待したものではなかったことを理由に、その相手を罰するような関係だ。

懲罰的なタイプの主な問題は、彼らが十分な意思の疎通やフィードバック、理解もなく、本能的に人を罰するという点だ。相手を見くびるようなこうした態度は、対立や悪感情の原因となる。

このタイプからの害を避けるためには、「戦い」について賢い選択をする必要がある。

うそで塗り固めた人

このタイプの人たちは、他人から「よく見られる」ということにあまりにも執着している。そのために、事実と創作の区別がつかなくなってしまうのだ。

正直に答えてくれない人は、信頼に値しない。どのみちあなたに平気でうそをつく人なのであれば、どうしてその人を信頼することなどできるだろうか?

有害な人を避けるには──?

有害な人がそばにいると、はらわたが煮えくり返るような思いをすることがあるだろう。彼らの行動が、あまりに理不尽だからだ。だが、その行動には本当に、何の理由もないのだということを忘れてはならない。そうであれば、あなたが彼らに感情的に反応し、混乱に巻き込まれる理由もないということにならないだろうか?

プレッシャーの下でも自分の感情をコントロールし、冷静さを保つ能力は、あなたのパフォーマンスに直結する。心の知能指数(EQ)に関する調査や情報提供を行うタレントスマート(TalentSmart)が100万人以上を対象に行った調査によると、業績トップの人たちの90%には、ストレスを感じているときでも冷静さを保ち、自分を制御するため、感情をコントロールする能力があるということが分かった。

さらに、こうした人たちが持っている最大の能力の一つは、有害な人間を特定し、彼らを寄せ付けずにおけるということだ。

Travis Bradberry