人前で演説や講演をする際、どのようなことに気をつけるべきだろうか。あるカンファレンスに出席した際、私はどの講演者も同じようなミスを犯していることに気づいた。そこで、頻繁に目にする5つのミスと、その対策を以下に示したい。

1.属性ではなく自分らしさを表す服装を

演説や講演をする際に最も重要なのは、自分の存在を際立たせること。あなたは20分から1時間程度、人前に立つことになる。聴衆がまず目を向けるもの、そして最も長く目にするものが、あなたの外見だ。

ところがほとんどのスピーカーは、注目を集めるチャンスを逃している。あまりに多くの人が、スーツとネクタイなど、自分の属性を表す”衣装”をまとっているのだ。別に、奇抜な格好をしろと言っているのではない。自分らしさを表現する服装をすべき、ということだ。ほかの人とは違う、自分を際立たせる服を選ぼう。

2.小道具に頼らない

スピーカー経験者が集まると決まって話題になるのが、スライドが間違っていた、マイクが入っていなかった、ビデオが流れなかった、など演説や講演の際の技術トラブルだ。だが技術にトラブルはつきものだ。

私が出席したあるカンファレンスで一人だけ、まったくスライドを使わなかった講演者がいた。聴衆の前に見えるのは、彼という存在だけ。だがそれによって、感情を通わせることができた。

本物の自分で聴衆と向き合えば、失敗はないはずだ。

3.言葉を減らしジェスチャーで表現する

多くのスピーカーは、沈黙を自分の声で埋めてしまっている。聴衆が耳を傾けるのをやめてしまうのが不安で、感情を表現する時間をとらず、ひたすら話し続けるのだ。しかし、演説や講演を人々の記憶に残るものにするのは、そうした感情表現の瞬間だ。

優れたスピーカーを見ていると、適切なタイミングに適切なジェスチャーをすることで、多くの意図を聴衆に伝えていることが分かる。私のお気に入りのジェスチャーは、いわゆる”二度見”だ。一度目に見た時にはよく分かっていなかったことを理解し、衝撃を受けたり驚いたり絶句したりした感情がよく分かるジェスチャーだ。

プレゼンの際にジェスチャーがない場合は、しゃべりすぎているということだ。

4.結論ではなく、そこに至るまでの話が重要

講演をしている間に、聴衆が退屈して携帯電話に夢中になるのを恐れ、急いで結論に飛ぶスピーカーは多い。だが結論に至るまでの過程を話さなければ、聴衆があなたの話を真に理解することはない。

映画「スター・ウォーズ」(第1作目)の最後に、ルーク・スカイウォーカーやそのほかの英雄たちがメダルを授与される瞬間は素晴らしい。だがジョージ・ルーカス監督が、登場人物たちがそこに至るまでの戦いや苦しみ、発見などの”過程”を描かずにメダル授与の瞬間だけを描いていたら、どうなっていただろうか。上映時間が大幅に短縮されただけでなく、物語が無意味なものになっていただろう。

聴衆と共に”過程”から”結論”に進もう。

5.定型表現は使わない

使い古された決まり文句は、安心できるしなじみがあるから、考えずに使うことができる。だがこうした定型表現は使わないでほしい。自分の頭で考えて、自分の言葉でそれを伝え、聴衆を真の理解に導くようにするのだ。そうすれば自然と、あなたの講演をつまらないものにする定型表現を使わないようになるだろう。

借り物の言葉ではなく、本物の言葉で聴衆にインスピレーションを与えよう。

Nick Morgan