ロムニー氏の深刻な判断ミス 

フィナンシャル・タイムズ(翻訳gooニュース)2012年9月16日(日)17:00

(フィナンシャル・タイムズ 2012年9月12日初出 翻訳gooニュース) ワシントン=エドワード・ルース

政治家のイメージを決定してしまう瞬間というものがある。後からはもう変更できないほど強烈に。もしかするとあれが、ミット・ロムニーにとってのその瞬間だったのかもしれない。

アメリカの外交官が11日夜に襲われた。それに対して共和党の大統領候補は実にてきぱきと、とげとげしい断定調で反応した。そしてその姿は、なぜロムニー氏が真の意味での支持者を獲得できずにいるのか、端的に映し出していた。

12日朝にはヒラリー・クリントン国務長官が、クリス・スティーブンズ駐リビア大使のほか、アメリカ人3人の殺害を非難する、沈痛な声明を読み上げた。その30分後にはオバマ大統領も同じように声明を読み上げた。ふたりとも主に、スティーブンズ氏の悲劇的な死について語っていた。

この間にロムニー氏はあからさまに政治的なねらいの記者会見をねじ込み、オバマ政権の対応を「恥ずべきものだ」と批判。政権は「決してアメリカのやることについて、謝ってはならない」と述べた。ロムニー氏が口にした追悼の言葉は短く、義務的に言っているという印象だった。ロムニー氏の主張の根拠は、エジプトの反米抗議をオバマ氏がなだめようとしたという言い分で、内容的に無理があるものだった(実際に何があったのかというと、カイロの米大使館が大使館前の抗議行動を鎮静しようと独自にコメントを発したのであって、それはホワイトハウスの了承を得ていなかった)。

今回の大統領選はこれまでほとんど国内テーマのみで繰り広げられてきた。11日夜の出来事には、選挙戦に外交政策という別の切り口を投入したという以上の意味合いがある。2人の候補がもっと互角だったらそういう展開もあったかもしれないが、11日夜の出来事によって事態の流れは「国家指導者としての威厳が求められているのに選挙戦のことだけを考えたロムニー氏」という物語に変わってしまった。ロムニー氏自身によって。どうして彼はあんな反応をしたのか。この当惑は、そうはすぐに消えそうにない。

今回のロムニー発言を早くも、2008年9月のジョン・マケイン発言と比べている人たちもいる。共和党の大統領候補だったマケイン氏は金融危機の発生を受けて、選挙戦を一時中止しようと呼びかけた。「ノー・ドラマ・オバマ」が見せた沈着冷静ぶりに比べて、みっともないほど対照的で、マケイン氏の戦いは結局このあと立ち直れなかった。

12日のオバマ、ロムニー両候補の対比も、妙なほどこれとよく似ていた。大統領候補らしい会見場を急ぎ設定したにもかかわらず、ロムニー氏はかつてないほど、大統領らしく見えなかった。下手をすると選挙の行方はこのままロムニー氏の手からこぼれ落ちていってしまいそうだ。

何より疑問なのは、ロムニー氏の判断力だ。ロムニー陣営が最初にコメントを発したのは11日夜、カイロの大使館が襲撃された後だ。スティーブンズ大使の死が発表されたのは、その数時間後。ロムニー陣営はその際、コメントを軌道修正する代わりに記者会見を開いて最初の主張を強調し、自分たちを追い込んだ。オバマ氏は民意を読み違えているとロムニー氏は言おうとしたのだが、その批判はブーメランのように言った当人に戻っていった。

第2に、ロムニー氏は実にあっさり自分のそれまでの主張を捨ててしまう人だと、その姿勢があらわになった。世界大戦でも起きない限り、2012年の大統領選は経済の話題で独占され続ける。そして経済以外のあらゆるテーマで、オバマ氏の世論調査結果はロムニー氏を上回っている。国家安全保障についても同様だ。ロムニー氏をホワイトハウスへと導く唯一の道は、フロリダやオハイオ経由なのだ。エルサレム経由ではない。

第3にロムニー氏は、国民の間の空気を読み損ねた。もしかすると2012年は、安全保障上の危機が共和党候補でなく民主党候補に有利に働く、久々の大統領選となるかもしれない。米シカゴ外交問題評議会による最近の世論調査では、イラク戦争は戦う価値がない戦争だったと、アメリカ人の3分の2が答えている。しかしロムニー氏は、アメリカ国民がまたジョージ・W・ブッシュを選びたがっていると考えているようだ。2012年の気分がどんなものであるにせよ、ロムニー氏のその判断はかなりまずい。



フィナンシャル・タイムズの本サイトFT.comの英文記事はこちら(登録が必要な場合もあります)。

(翻訳・加藤祐子)

From the Financial Times © The Financial Times Limited [2012]. All Rights Reserved. Users may not copy, email, redistribute, modify, edit, abstract, archive or create derivative works of this article. NTT Resonant is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

ブログ
   Facebookでシェア
   

この記事の内容に類似する記事

関連写真ニュース

最新の国際・科学ニュース


J-anpi

注目のトップニュース
野党間で調整、出馬予定が大幅減
「刑務所戻りたい」出所半日で…
パラグライダー墜落、63歳死亡
原油下落、今後大幅な価格変動か
シンガポール、カジノ産業不振に
初め大人しく…女性ばかりの職場
FC岐阜「ラモス効果」も経費増大
白鵬称賛も土俵態度に苦言 横審
ミス東大に美脚が魅力の九州女子
涙の菊地亜美 ソロ活動は否定

東日本大震災におけるNTTグループの取り組み

 
注目の国際・科学ニュース
イラン核協議、交渉期限を再延長
兵士を装い100人殺害か コンゴ
英王子が2015年初めに中国訪問へ
シンガポール、カジノ産業不振に
男女平等にできず…トルコ大統領
タイ前首相、就任時から政変予感
ヘーゲル米国防長官が辞任
南沙諸島に主権持つ、中国が主張
南沙でカメ密漁、中国人に罰金刑
香港デモの旺角バリケード撤去へ
gooニュースのおすすめ
衆院選2014衆院選2014衆院選に関連する情報をお届けします。
大相撲ニュース 大相撲ニュース十一月場所がはじまります!大相撲ニュースでは、力士や本場所に関する旬な情報をお届けします。
祭り特集2014 祭り特集2014気分を上げるイベントが盛りだくさん。全国の祭り情報をお届けします。
ゆるキャラグランプリニュース ゆるキャラグランプリニュースゆるキャラグランプリの情報をお届けします。
秋の味覚特集 秋の味覚特集全国の秋のご当地グルメ情報をお届けします。
企業の成長を加速させる最新ICTの活用事例災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
企業の成長を加速させる最新ICTの活用事例企業の成長を加速させる最新ICTの活用事例ICT導入により飛躍的に成長した企業を厳選し、課題から解決までのプロセスをお伝えします
女性リーダー/マネージャーが活躍する企業女性リーダー/マネージャーが活躍する企業 日本の産業界で活躍する女性リーダー/マネージャーと企業を紹介します
ロイター銘柄レポートロイター銘柄レポート ・株式投資の初心者からプロ級の方までしっかりサポート
・上場全銘柄の最新詳細データを掲載
東日本大震災情報
東日本大震災情報 東日本大震災情報震災・原発事故、被災者の方への最新情報はこちらから
メガサイズ写真で振りかえる1日のニュース

メガサイズ写真をもっと見る

 
写真ギャラリー
写真ギャラリー
世界の出来事
喜びも悲しみもある世界の出来事
おすすめコンテンツ
gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」今月は、「鮭ときのこのホイル焼きバター醤油」。きのこは低カロリーで食物繊維がたっぷり。旨味たっぷりのきのこで美味しくカロリーダウンできる!
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
ブランディア特集「ブランド品買取り」特集使わなくなったブランド品、洋服を簡単無料査定してみませんか?あなたの眠っているブランド品をハッピーに変える特集
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍特集不思議の森の住人たちを描いた切なく野性的な感動の人外BLファンタジー。
gooニュースサービス説明