糸井がボールを落とす間に…

 西武の秋山翔吾外野手が20日、オリックス外野陣のスキを突いて、二塁からタッチアップで生還した。

 西武3点リードの2回無死二塁。打者の浅村の大きな飛球が右中間を襲った。中堅の小島が賢明に追いかけて、転がりながらもグラブの先で捕球した。二塁走者の秋山は捕球を確認すると、三塁へ進塁。小島は送球動作に入れなかったため、右翼手の糸井にボールを渡した。糸井は内野に返球しようとしたが、ボールが手につかず、落としてしまった。

 三塁をまわったところで秋山は一度、スピードを緩めたが、糸井の落球を確認すると、一気にホームへ。中継を介して、本塁に送球されたが、秋山の足が勝り、ホームイン。西武に4点目が入った。