背番号「18」は“横浜ナンバー”に、同僚に決断伝えた瞬間とは

 DeNAの三浦大輔投手が25年の現役生活に幕を閉じる決断を下した。1991年のドラフト6位で入団し、2年目にプロ初勝利を含む3勝をマーク。ここまで通算534試合に登板し、172勝183敗、防御率3.58の成績を収めた。今季のレギュラーシーズンでは残り1試合に登板し、ユニフォームを脱ぐ。ファンから愛された42歳は20日、横浜市内で臨んだ記者会見で何を語ったのか。高田GMとともに出席し、時折、涙も見せた会見の内容を振り返ってみたい。

三浦「今シーズン限りで引退します。高校を出て、大洋ホエールズに入団し25年間、横浜の街に育てられた。いつも皆さんに支えられて、CS出場も決まりました。今シーズン全うして、終わろうという気持ちです。1日でも長く選手たちと一緒に戦えるようにしたい。いろんな思いがあります。感謝の気持ちでいっぱいです」

高田GM「16日までの甲子園での阪神戦が終わった後、『現役を引退したい』という話があった。了承するしかなかった。大きな柱を失う。痛手です」

(以下、球団関係者が説明)
「背番号18はプレー、振る舞いともにチームをけん引する、象徴となるべき存在がつける“横浜ナンバー”と名付け、継承していきます。今後はその番号にふさわしい存在が出るまで欠番とします」

――引退を決意して、会見をする率直な気持ちは?

三浦「いろいろ考えて決断してからも、伝えられなかったので、ちょっとすっきりした」

――まだやれるだろうと思う。決断した理由は?

三浦「勝てなくなったから。先発ができなくなって、勝てなくなったらやめると決めていた。8月まで投げられなかった。気持ちは固まっていた。もう一度勝負したいという気持ちがあったので、9月頭の甲子園先発まで、球団にも伝えなかった」

――決断するにあたって、誰かに相談はしたか?

三浦「家族には相談した。最終的には自分で決めた」

――奥様の反応は?

三浦「残念がっていた。子どもたちも『まだできるんじゃないの』と言っていた。プロの世界は厳しい。その辺はしっかり話した。甲子園の試合を見に来てくれた。その前で投げられてよかった」

チームメートからは「まだ辞めないで下さい」

――チームメートにはいつ話したか?

三浦「昨日の試合後に伝えました。会見前にチームメートに言いたかった。その前にCSが決まってほっとした。喜んでいるロッカーでどうかと思ったが、伝えられてよかった」

――どのような言葉をかけた?

三浦「自分でも途中から何を言っているかわからなくなった。『まだ辞めないで下さい』と今日も言われた。嬉しかった」

――25年、四半世紀、これだけ長く続けられたのは何が支えになった?

三浦「プロに入った時に、25年もやるとは思っていなかった。1年1年勝負だと思っていた。負けたくない、悔しい、勝ちたい、という気持ちがあったから、苦しい練習もできた。勝った時に、たくさんのファンが喜んでくれた。負けたら悔しいから、もっと練習しなきゃと思ってやってきた25年間だった」

―― 一番の思い出は?

三浦「なかなか絞れないけど、98年の優勝。優勝ってこれだけ嬉しいものかと思った。すべてが報われた。最高にうれしかった」

――優勝を知っている最後の選手。今のベイスターズを見ていてどうですか?

三浦「98年は98年の良さ。今年はあの時と立ち位置が違うが、苦しい時があったからこそ、今のベイスターズを見ているとうれしい。いいチームになってきた。何年か前は、あんなにお客さんは入っていなかった。ああいう中でプレーできているのは、プロ野球選手としては最高。スタジアムががらがらで苦しい時期があった。横浜に残ってよかった。横浜が変わっていくのを見てきてよかった」

――FAの時、阪神に行ってしまうのではないかと心配した。あの時を振り返ると?

三浦「悩んで、悩んで、いろんな方にご迷惑をおかけした。横浜に残ってよかった。横浜の方が支えてくれた。幸せ者だと思います」

――通算172勝、最も印象に残る勝ち星は?

三浦「150勝の時は嬉しかった。ファンの方が喜んでいるのを見て、嬉しかったので、思い出に残っている」

監督業への思いは?

――もう一度、横浜スタジアムで投げると思うが、どんなピッチングをしたい?

三浦「勝ちたい。それだけです」

――今後の人生プランは?

三浦「特に決めていません。ずっと野球に携わっていきたいです」

――25年間を振り返って、どんな野球人生でしたか。

三浦「高校卒業して、ドラフト6位で大洋ホエールズに入って、球が速いわけではなく、変化球があるわけでもない。よくやってこれたな。と思う。周りの方に支えられてここまでできた。感謝の気持ちでいっぱいです」

――リーゼントは?

三浦「卒業しません。できる限り」

――ベイスターズファンに一言。

三浦「25年間、ご声援ありがとうござました。苦しい時、本当に助けられた。どんな時でも応援していただき、感謝しています。優勝は果たせなかったけど、CS進出することができ、チームはどんどん成長してきた。これからも応援して欲しい。まだ試合は残っているので、もっと上に行けるように頑張りたい」

――監督になって胴上げされたいという気持ちは?

三浦「指導者というイメージはあるが、もっと勉強しないといけないと思います。将来的には横浜に戻ってきたい」

――三浦選手にとって、強いチームとは。

三浦「プロフェッショナルなチームだと思う。ファンと地元、チームと一緒になって同じ目標になって向かうチームだと思う」

引退を考えた瞬間は?

――どんな気持ちでチームを見ていたか。

三浦「若い選手たちが頼もしく見えた。CSに出られないチームと言われていたけど、来年から言われなくなる。よかったと思う」

――最後の登板、ここを見てほしいというところはありますか?

三浦「しっかり準備して、チームが勝てるように精一杯投げるところを見てほしい」

――リーゼントへの思いは?

三浦「好きだから。プロに入った時に目立ちたかった。注目されないと使ってもらえない。注目してもらいたいという気持ちでやってきた」

――三浦選手にとっての矢沢永吉さんは?

三浦「中学生の頃から大好きで、励まされて勇気をもらいながらやってきた」

―― 一言で表すとファンとは?

三浦「三浦大輔にパワーをくれる存在。人が少なくて苦しい時もあったけど、見捨てずに応援し続けてくれた。一緒に戦ってきたチームメートだと思います」

――具体的に引退を決断したタイミングは?

三浦「今年、8月まで勝てなかったことが大きかった。勝てなかったからやめるべきだと思った」

――先発へのこだわりは?

三浦「ゲームを作る。1イニングでも長くと思ってマウンドに上がっていた。苦しくなったらチームメートが助けてくれる。責任の重さを大事にやってきた」

――勝つための方法論とは?

三浦「あったら教えてほしい。練習しかないと思っている」

胸に刻まれている打たれた瞬間、18番を託したい選手は…

――25年間の現役生活を支えた指導者との出会い、言葉は?

三浦「野球だけでなく、人としても成長させてもらった。誰とはなかなか言えないが、プロに入った時の1年目のピッチングコーチ、小谷さんと知り合ったことが、プロ野球選手としての第一歩。この世界で生き残っていくためにはどうしたらいいか、教えてもらった」

――若い選手に伝えたいことは?

三浦「後悔はある。やるだけのことをやって、一人じゃないと思ってほしい。チームメート、ファンがいる。しっかり準備して、グラウンドに立つ責任、重さを忘れずにグラウンドに立ち続けてほしい」

――ファンに一言

三浦「自分もさみしい。まだ離れたくない、横浜のユニフォームを着て投げたい。いろんなことがありすぎて、ファンの前で投げられなくなるのがさみしい。ずっとユニフォームを着続けたい。一度は引退しなければいけない。僕もつらい。応援があったからここまでやってこれた。これからも応援してもらえたらと思う」

――ライバルのバッター、思い出に残っている打たれた瞬間は?

三浦「いっぱいいる。たくさんの打者と対戦することで成長した。打たれたこともいっぱいある。初勝利初完封できるかという時に金本さんに打たれたホームラン、開幕戦、名古屋でのサヨナラ満塁ホームラン。打たれたことは、いっぱい出てくる」

――18番はどういった選手に託したいか?

三浦「背番号の重みをわかってもらえる選手につけてもらいたい」

篠崎有理枝●文 text by Yurie Shinozaki