2位・日ハムと激突、21日に細川亨を登録予定「経験ある選手がいるだけで違う」

 ソフトバンクは21日からゲーム差なしの2位・日本ハムと天王山に挑む。決戦を前に20日には先発投手陣だけの投手練習を実施。その練習に顔を出すことはなかったが、工藤公康監督もヤフオクドームに長時間滞在し、帰り際に報道陣に対応した。

 ゲーム差なしで迎える首位攻防戦は千賀滉大、武田翔太という若い投手2人に託すことになったが、指揮官は「大いに期待してますよ」とひと言。「でも、先発ピッチャーだけにすべてを任せるのはかわいそう。投手全員、野手全員で、いい試合をしてくれたら」と、改めて選手が一丸となることを望んだ。

「みなさんの注目も含めて、選手の気持ちも違ってくるだろう。今までやってきた以上のものを出すのは難しい。自分たちがもっているものをすべて出すつもりでやってくれたらいい」

 また、20日付けで拓也を登録抹消。21日にも細川亨の1軍登録が予定されている。

「状態は100(%)ではない。どこでどう使うかはまだ決めていないが、彼のような経験のある選手がいてくれるだけで違うからね」

 ソフトバンクの残り試合は10試合。そのうちホームゲームは3試合しかない。地元ファンにリーグ3連覇を届けるためにも、まずはホームでの首位決戦で日本ハムを突き放したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura