栗山監督は試合前の期待、「好き勝手にやればいい」

 日本ハムの大谷翔平投手が、21日のソフトバンクとの天王山第1戦(ヤフオクドーム)で「8番・投手」で先発出場する。

 大谷は今季19試合登板、8勝4敗、防御率2.12。対ソフトバンク戦は3試合登板、1勝0敗、防御率1.74だ。さらに、リアル二刀流で起用された6試合は投手で6勝0敗、防御率0.39、打者で打率.412、1本塁打、3打点と高いパフォーマンスを披露。「1番・投手」で起用された7月3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では初球先頭打者アーチを放ち、8回無失点で8勝目を挙げている。

 栗山英樹監督は試合前、「好き勝手にやればいい。今まで頑張ってやって来た。『監督! 打たれたけど、精一杯投げました』と言ってくれれば。そうすれば、必ず勝てる」と大谷に期待を寄せた。ゲーム差なし、勝率3厘差の首位・ソフトバンク追撃へ、勝負に出た。

 大谷本人も「DHを解除するしないに関係なく、長い回は投げたいと思っています。僕が絶対にやる、という気持ちでいきますけど、そんなに気負う必要もない」と意気込んでいる。注目の一戦でも、球史に名を刻む二刀流右腕が主役となりそうだ。