リーグトップの38号

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が21日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で先制2ランを放った。

「7番・三塁」でスタメン出場。6番・岡の四球で迎えた2回1死一塁。千賀の初球、内角高めへの146キロ直球をフルスイング。打った瞬間に分かる左翼席上段への2試合ぶりの一発。リーグトップの38号2ランで先制した。

 レアードは「岡がストレートの四球だったから、初球を狙いにいったよ。大谷にも楽に投げてもらいたいから先制出来て良かったね」とコメントした。