天王山第2ラウンドへ、武田「最初から全力で」

 22日、日本ハムとの今シーズン最終戦に先発するソフトバンク・武田翔太。「プレッシャーはある」と素直な気持ちを口にしながらも「普段とは違う。最初から全力でいくしかない」と強い意気込みを見せた。

「(日本ハム打線は)調子がいいので、気を引き締めていかないと。クライマックスシリーズと同じように、一発勝負のような勢いでいきたい。ピッチャー陣全体で、どんな状況でも勝ちにつなげていけるように」

 武田は「(去年)1年間投げたことがいい経験になっている」と語る。先発ローテを守っての13勝はもちろんのこと、ロッテとのクライマックスシリーズ、ヤクルトとの日本シリーズではともに初戦の先発を任された。その経験があるからこそ、相手の優勝マジック点灯がかかる大一番でも、きっと武田本来の力を発揮してくれるだろう。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura