「3番・DH」で先発出場、登板翌日のスタメン出場はプロ4年目で初

 日本ハムの大谷翔平投手が22日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で「3番・DH」で先発出場。初回2死で武田から左前安打を放ち、2試合連続安打&5試合連続出塁をマークした。

 登板翌日に野手としてスタメン出場するのはプロ4年目で初めて。その初打席。1ボール1ストライクから武田の高め147キロ直球を左前へ打ち返した。

 大谷は前夜のヒーローインタビューで「打席に立って、またここ(ヒーローインタビュー)に戻ってこれるように頑張ります」と意気込んでいた。その意気込み通りの打撃を期待したい。