ベンチの矢野は寝転ぶようによける、直後に西川が逆転2点打

 日本ハムの中島卓也内野手が22日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で自軍を“襲撃”した。

「9番・遊撃」でスタメン。1点を追う2回2死一、二塁。武田に対し、ファウルで粘った。フルカウントからの8球目。高めの147キロ直球をカットした打球は自軍ベンチ内へ。強烈なライナーに、ベンチにいた矢野は寝ころぶようにしてよけた。あわや大惨事になりかねないファウルに、隣にいた大谷も笑顔を浮かべた。

 結局、武田に10球投げさせ、四球を選んだ中島。満塁にチャンスを広げ、続く西川の逆転右前2点打を呼び込んだ。