ダルビッシュに並ぶ日本人1年目最多の16勝、指揮官は「彼らしさを発揮した」と評価

 ドジャースの前田健太投手が21日(日本時間22日)、本拠地ジャイアンツ戦に先発し、5回3安打2失点(自責1)で16勝目(9敗)を挙げた。8月下旬にトレードで加入したベテラン捕手のルイーズと初めてコンビを組み、序盤に失点を喫しながらも、しっかりゲームを作った。2012年のレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(16勝9敗)に並ぶ、日本人1年目最多の勝利数に到達。今季30試合目の登板で新たに出来高がつき、今季の総年俸はついに10億円を超えることになった。

 前田は初回、先頭のスパンを四球で歩かせると、続くパガンにライトへのタイムリーを浴びた。さらに、2回にも2死からアドリアンザにソロを浴びて2失点目。しかし、3回は3者凡退に抑えると、4、5回も走者を出しながら無失点に抑えた。2回に前田が自らのバットでタイムリーを放つなど、打線も5回までに9点を奪い、快勝した。

 MLB公式サイトによると、デイブ・ロバーツ監督は試合後に「ケンタとルイーズ(前田とは初マスク)は序盤はお互いのことを知ろうと探り合っていた。立ち上がりケンタはストライクゾーンの角にボールを集めすぎていたが、一度波にのると、彼らしさを発揮していたね」と評価したという。女房役が変わっても、前田の安定感は変わらなかった。

新たに出来高を加えて年俸総額は10億1500万円に

 2位ジャイアンツとの3連戦で2勝1敗と勝ち越し。6ゲーム差として、優勝へのマジックは「5」となった。4年連続の地区Vへ、チームを大きく前進させる1勝となった。

 また、地元紙「ロサンゼルス・タイムス」では、前田がこの試合で今季30試合登板に達し、新たに出来高150万ドル(約1億5000万円)を加えたことを伝えている。登板試合数でのインセンティブは計500万ドル(約5億0000万円)となり、基本年俸300万ドル(約3億円)、イニング数の出来高200万ドル(約2億円)、開幕ロースター入りのボーナス15万ドル(約1500万円)と合わせ、今季の総年俸は1015万ドル(約10億1500万円)となった。

 さらに、今季の投球回数は169イニングとなったが、同紙は170イニング到達でさらに25万ドル(約2500万円)が追加されることにも言及。次回登板で今季の総年俸が1040万ドル(約10億4000万円)となることは確実だ。基本年俸を低く抑え、出来高を多く付ける球団有利の契約には批判的な意見も多いが、前田は自らのピッチングで報酬の“大幅アップ”を勝ち取っている。

 ルーキーながら、先発ローテーションの柱として獅子奮迅の活躍を見せている右腕。次回登板で日本人1年目の最多記録となる17勝目を目指す。