復帰から8試合連続無失点で15ホールド目、「マーベラスであり続けている」

 レッドソックスの上原浩治投手は22日(日本時間23日)、敵地でのオリオールズ戦に2番手で登板し、1回無安打無失点1死球で今季15ホールド目を挙げた。右胸筋痛から復帰後は8試合連続無失点となった日本人右腕の快投について、ジョン・ファレル監督が「驚異的」と絶賛したとMLB公式サイトが報じている。地区首位のレッドソックスは5-3で勝利し、敵地4連戦でオリオールズをスイープ(全勝)。8連勝で、地区優勝へのマジックを「5」とした。

 上原は2点リードの8回に登板し、圧巻のピッチングを見せた。先頭のマチャドは三ゴロ。続くトランボを内角高めへの85マイル(約137キロ)の直球で空振り三振に仕留めると、続くマンシーニは死球で歩かせたものの、最後はスコープを真ん中高めへの85マイルの直球で空振り三振に仕留めた。

 9回は守護神キンブレルが無失点に抑えて快勝。記事では、レッドソックスブルペンの強烈な“ワンツーパンチ”について絶賛している。

「上原は9月5日に故障者リストから復帰後、マーベラスであり続けている。8イニング連続無失点で、無四球10奪三振。キンブレルは最高の前半戦とは言えなかったが、左膝手術を受けて8月に復帰した後、衝撃的なピッチングを続けている」

 ポストシーズン進出に向けて8連勝と絶好調のチームを2人が支えている。記事によると、ファレル監督も「コウジは故障者リストから復帰後、驚異的であり続けている。試合を締めくくるということに関して、最近のイニングの安定感はとても、とてもいいね」と称えたという。

「スプリッターは3年前と比べ、ごくわずかに脅威を欠く程度だ」

 地元メディア「CSNニューイングランド」も「コウジ・ウエハラは再び2013年のような投球をしている」との小見出しでこの日の快投を伝えた。レッドソックは2013年に「守護神・上原」を擁してワールドシリーズ制覇を達成している。

 復帰後の登板について、記事では「彼は8回登板し、失点を喫していない。しかし、これは話の半分に過ぎない」と指摘。「ウエハラは8回の登板でたった4本のヒットしか許していない。すべてシングルヒットだ。8イニングを投げ10奪三振、四球は一つも与えていない。 彼は27の打者と対戦し、5人しか出塁を許していないのだ。シングルヒットが4本と1死球。この死球は木曜日、マンシーニに与えたものだ」。このように、抜群の安定感を誇る現在の右腕の投球内容を詳細に記し、被打率.154というハイレベルな数字を誇ることも紹介している。

「スプリッターは少なくとも、3年前にレッドソックスが優勝した時と比べ、ごくわずかに脅威を欠く程度だ」

 この日、キンブレルは29セーブ目を記録し、上原は15ホールド目を手にした。防御率を3.68まで改善させている上原の復調は13年以来のワールドシリーズ制覇を狙うレッドソックスにとって何よりの朗報のようだ。