同点の8回に貴重な安打、打率は.291に上昇

 マーリンズのイチロー外野手は23日(日本時間24日)、本拠地でのブレーブス戦に途中出場し、同点で迎えた8回に20打席ぶりの安打を放った。

 2戦連続でベンチスタートとなったイチローは、7回守備からスタントンに代わって右翼の守備に就いた。打席に立ったのは、2-2の同点で迎えた8回先頭。ブレーブス2番手クロールがカウント3-2から投げた6球目速球を振り抜くと、鋭い打球がレフト前へ飛んだ。

 イチローは前日まで19打席無安打(1犠飛を含む)と打撃の調子を落としていたが、20打席ぶりの快音に、本拠地ファンは大いに盛り上がった。一塁に達したイチローは、ブレーブス一塁手フリーマンと言葉を交わしながら笑みを浮かべた。

 これで打率は.291に上昇した。