引退試合で何度も涙、最終打席で鮮やか二塁打「当たるとは思わなかった」

 男泣きに何度も泣いた。現役生活22年、2005年の日本シリーズでは、つなぎの4番として、チームを31年ぶりの日本一に導いたロッテサブロー外野手(40)。引退試合になった25日QVCマリンのオリックス最終戦は、サブロー一色に染められた。試合は0-2の完封負けだったが、ファンから絶大に愛されてきたサブローだけに、3万113人とスタンドは満員御礼。球場に入りきれないファンには、パブリックビューイングが用意された。

 伊東監督は「誰でも通る道だが、皆で花道を用意してくれて、幸せ者と改めて思う」と「4番・DH」で先発させた。3打席連続空振り三振で迎えた9回表には、まずレフトを守らせ、益田が先頭鈴木を右邪飛に打ち取ると、角中と入れ替えてサブローを古巣のライトに戻す粋な演出。守備につくサブローを泣かせた。

 9回裏、代打・井口が倒れた1死走者なしで、この日4度目の打席。「サブロ〜〜〜〜〜〜」。ウグイス嬢の谷保恵美さんの8秒近く、この日もっとも長い万感の思いをこめたアナウンスに送られ、打席に入ると、カウント1-1から抑えの平野の3球目、149キロの速球を鮮やかに右中間へ弾き返し、二塁打でまた涙をぬぐった。

「千葉ロッテマリーンズを日本一のチームに」

「当たるとは思わなかった。右中間の打球が一番きれいだから。今日は全打席、最後のつもりで入った。僕は気持ちでやるタイプ。気持ちだけは誰にも負けないとこの22年間やってきた」とサブロー。試合後、PL学園時代の恩師、中村順司元監督が「素晴らしいバッティングだった」と握手を求めた。

 球場には家族や、短期間ながらチームメートだった巨人の阿部、坂本、長野、内海、山口、クルーズの6選手も駆けつけ、高橋監督からは胡蝶蘭の生花と「野球の話には熱くなるサブローの力を発揮する場所があると思う」と引退後の指導者として期待するメッセージも贈られた。

 試合後のセレモニーでは、あの長嶋茂雄氏の引退セレモニーをほうふつとさせる、白いテープが滝のように降る中での外野一周。さらにナインの手で10度宙を舞って、また泣いた。マイクの前に立っての挨拶では「プロ野球選手になる夢は果たせたが、もう一つ夢があります。千葉ロッテマリーンズを日本一のチームにすることです。その夢に向かって勇往邁進するつもりです」と宣言した。