阪神岩貞が9勝目、オリックス山田はプロ2勝目、西武外崎が1号、SBバンデン乱調

 プロ野球は25日、各地で4試合が行われた。セ・リーグでは、阪神が中日に快勝した。5回に2死満塁の好機で上本が走者一掃のツーベース。7回には福留がタイムリーを放ち、貴重な追加点を奪った。先発・岩貞は6回2安打無失点で9勝目。2番手・安藤が1点を失ったものの、救援陣もリードを守った。中日は先発小笠原が4回まで1安打投球も、5回に崩れて6敗目。打線も堂上のソロホームランで1点を返すのがやっとだった。中日は19年ぶりのシーズン最下位が確定した。

 パ・リーグでは、オリックスがロッテに勝利。初回に中島のタイムリーで先制すると、5回に吉田正のタイムリーで追加点を挙げた。投げては、先発の山田が6回5安打無失点と好投し、赤間、吉田一、平野が無失点リレー。山田にプロ2勝目がついた。ロッテは先発・唐川が7回途中5安打2失点と好投も、打線が援護できず。引退試合となったサブローは3打席目まで空振り三振が続いたが、9回に現役最後の打席で右中間への二塁打を放ち、有終の美を飾った。最終回はDHを解除して左翼の守備につき、その後、慣れ親しんだ右翼に回る粋な演出も。涙の引退ゲームとなった。

 日本ハムを追う2位ソフトバンクは、西武に敗れた。先発のバンデンハークが5回6安打6失点と乱調。打線は一時5点のビハインドから2点差まで追い上げたが、追いつくことはできなかった。西武は2回にこの日1軍に昇格した外崎が3ランを放ち先制。4回に坂田が2点タイムリーを放つと、その後も加点して逃げ切った。先発・多和田は5回途中に乱れて降板も、救援陣がリードを守った。ソフトバンクは痛い敗戦で、日本ハムとのゲーム差は2に開いた。

 日本ハムは今季8度目のサヨナラ勝ち。1点を追う8回に大谷が同点の中前適時打。1-1で迎えた延長11回には、先頭・大谷が中越え二塁打で出塁すると、田中賢の遊ゴロで三塁へ進み、福山のレアードへの初球が暴投に。サヨナラのホームへ滑り込んだ。大谷は初回2死でシーズン100安打となる左前打を放ち、今季9度目の猛打賞の大暴れだった。先発・高梨は7回途中1失点と好投。石井、バース、谷元、宮西と無失点でつなぎ、6番手の鍵谷に5勝目がついた。楽天は先発の安楽が7回無失点と好投も、救援陣がリードを守れず。最後は5番手の福山が決勝点を献上した。日本ハムは優勝へのマジックを2つ減らして「3」とした。

【セ・リーグ】
◇中日 1-4 阪神(ナゴヤドーム)
勝 岩貞(9勝9敗)
負 小笠原(2勝6敗)
S マテオ(1勝3敗19セーブ)
HR【中】堂上6号

【パ・リーグ】
◇ロッテ 0-2 オリックス(QVCマリン)
勝 山田(2勝7敗)
負 唐川(5勝6敗)
S 平野(4勝4敗30セーブ)

◇西武 7-5 ソフトバンク(西武プリンス)
勝 藤原(2勝0敗)
負 バンデンハーク(7勝2敗)
S 増田(3勝5敗27セーブ)
HR【西】外崎1号、浅村24号【ソ】江川4号

◇日本ハム 2-1 楽天(札幌ドーム)
勝 鍵谷(5勝3敗)
負 福山(4勝5敗)