ゴードンの先頭打者弾に敵軍も涙、打たれたコロンの姿に「なんという光景」

 マーリンズは26日(日本時間27日)、本拠地でのメッツ戦に7-3で勝利した。25日未明にエース右腕のホセ・フェルナンデス投手(享年24)がボート事故で急逝してから初めての試合で、リードオフマンのディー・ゴードン内野手が今季第1号となる先頭打者本塁打。ベースを一周しながら号泣するゴードンをチームメートも涙で出迎える感動的なシーンとなったが、打たれたメッツのメジャー最年長投手もフェルナンデスの早すぎる死を悼み、試合後には「彼らが勝って本当に良かった」と振り返ったという。

 ゴードンは初回、先頭で打席へ。初球はフェルナンデスに捧げるため、背番号の「16」を付けたヘルメットで右打席に立ち、見送った。その後、自分のヘルメットに取り替えて、本来の左打席に立つと、メッツ先発バートロ・コロンの3球目を振り抜いた。

 ライトスタンドの二階席に飛び込む先頭打者ホームラン。号泣しながらグラウンドを一周するゴードンを、ダグアウトの前で仲間が出迎える。チームメートも涙が止まらない。そして、ゴードンはバリー・ボンズ打撃コーチの胸に飛び込むと、泣き崩れた。

 マーリンズ・パークで起きた奇跡。ゴードンは試合後、地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」のインタビューに「彼のためにホームランを打った時は人生最高の瞬間だった」と話し、選手、スタッフ、ファンが24歳の若さでこの世を去ったフェルナンデスのことを思った。

敵捕手も「僕も泣いていた」

 そして、対戦相手のメジャー最年長選手も特別な思いを抱いていたという。MLB公式サイトのメッツ番記者、アンソニー・ディコモ氏はツイッターで「ディー・ゴードンは泣きながらダグアウトに戻ってきた。バートロ(コロン)も(故人への)敬意から、マーリンズに祝福させるためにマウンドで動きを止めている。なんという光景なんだ」とレポートしている。

 メジャーでイチロー外野手よりも唯一年長の43歳のベテラン投手は、フェルナンデスに捧げるホームランを喜ぶマーリンズの選手たちのために、あえて時間を作ったという。

 MLB公式サイトでは、打たれたコロンもまた感動で泣いていたと伝えている。試合後に「彼らが勝つことができて本当に良かったと感じているんだ。わかるだろ? 自分に勝ったのがフェルナンデスだとすれば、本当に嬉しいんだ」と優しい口調で話したという。

 さらに、コロンだけでなく、メッツのトラビス・ダーノー捕手も「僕も泣いていた。彼がホームに戻ってきた時、彼の顔には涙が伝っていた。僕も同じ気持ちだった。テレビで見ていようと、どこにいようとも、全世界があの瞬間にそういう感情を抱いたと思う」と話していたと、記事ではレポートしている。

マーリンズ社長は「昨日投げていたら、運命は変えられたかもしれない」

 一方で、地元紙「マイアミ・ヘラルド」は、マーリンズのデビッド・サムソン社長が「もし予定通り日曜日にフェルナンデスが登板していたらどうなっていたか、思いを巡らしていた」と紹介。フェルナンデスは当初、25日に先発予定だったが、プレーオフ進出の可能性が低くなったため、翌26日に変更されていた。

「ずっと考えてたよ。昨日(日曜日)投げていたら、運命は変えられたかもしれない。すっと考えているんだ」

 こう話すサムソン社長の声は、次第に小さくなっていったと同紙はレポート。記事の中では「試合前に行われたセレモニーで、マーリンズ選手は人目を憚らず涙を流した。スポーツイベントと言うより、告別式の様な雰囲気だった」とも言及している。

 深い悲しみの中で行われた試合。「マイアミ・ヘラルド」は、ゴードンの先頭打者弾が「いくらか癒しをもたらした」と伝えている。