逆転Vへ望みつなぐスクイズ

 27日のロッテ戦。右肘痛のアクシデントで急遽先発を外れた今宮に代わり、1番に入ったソフトバンク福田が首の皮一枚つながる逆転Vへ、望みをつなげた。

「ライトに日ハムさんの(試合)結果があり、僕らが負けて、優勝させるわけには絶対にいかないとう気持ちで打席に入った」

 先発の千賀がプレッシャーからか、8回突然崩れて、岡田、清田に連続押し出しで同点に。しかし9回、ロッテ田中靖の死球連発で、1死一、三塁と好機を作った。

 ここで福田はバッターボックスに入る前に工藤監督から耳打ちされた。「1球目は(スクイズの)構えをしろよ」の陽動作戦に、松永はボールから入り、カウント1-1になった3球目。「カウントが整って、絶対失敗できないと思った。本当にしびれた。決められてよかった」。138キロ高めのストレートを一塁線に転がし、鮮やかに決めた。

 決勝点のヒーローは「ベンチも絶対に負けないという雰囲気。残り試合全部、僕たちは負けるつもりはありません」と全勝宣言していた。