急逝のマ軍エースと同郷のディアス、マイアミで通夜に参列

 マーリンズのエース右腕ホセ・フェルナンデス(享年24歳)が現地時間25日にボート事故で急逝する悲劇に見舞われたが、右腕の幼なじみでマイアミでの通夜に駆けつけたカージナルスのアレドミス・ディアス内野手が故人に捧げる奇跡を起こした。マイアミから戻り、27日(日本時間28日)の本拠地レッズ戦で戦列に復帰したディアスは、自身キャリア初の満塁ホームランを放ち「残された家族のために打った」と涙を流した。球団公式サイトが伝えている。カージナルスは12-5で勝利し、プレーオフ進出に望みをつないだ。

 亡きフェルナンデスとディアスは共にキューバのサンタクララ出身で、幼なじみの大親友だった。亡くなった日の朝、母からの電話で訃報を知ったというディアスはその日は試合に出場せず、球団の許可を受けて、マイアミにいる遺族に寄り添い、通夜に参列していたという。

 故人の背番号16と記されたリストバンドをつけたディアスは、4回1死満塁のチャンスで相手先発スティーブンソンの4球目の94マイル(約151キロ)の速球をフルスイング。打球は右中間スタンドに豪快な満塁アーチとなって飛び込んだ。ダグアウトに戻った後ディアスは、ヘルメットを空に掲げ、フェルナンデスに祈った。

兄弟のように近しかった親友への供養は「毎日100パーセントでプレーすること」

 記事によると、ディアスは「自分にとっては兄弟」という亡き親友を偲びながら「彼を称える最高の方法は毎日球場に来て、100パーセントでプレーすること。それが彼の望みだと思う。彼がそうしたように、毎試合100パーセントのプレーを見せて、チームに勝機を与えたいんだ」と語ったという。

 悲しみに沈むフェルナンデスの母親と祖母と過ごしたディアスは「昨日(マイアミに)到着した瞬間の彼の母親と祖母の様子は言葉にできない。僕を我が子のように見つめていた。マイアミ行きを許可してくれた球団にただただ感謝している。遺族との時間を過ごすことができた。家族も本当に感謝していた。彼のことを兄弟だと思っている。自分にできることはそこに行って、家族と過ごすことだった」と振り返り、通夜に参列させてくれた球団に感謝の気持ちを述べたという。

 前日にはマーリンズのディー・ゴードン内野手がメッツ戦で今季第1号となる先頭打者ホームランを放ち、号泣しながらベースを1周した。そして、この日はディアスがキャリア初の満塁弾。フェルナンデスを偲ぶ気持ちが、次々とミラクルプレーを生み出している。