来月3日のジャイアンツ戦で7回以上投げれば年俸総額13億3500万円に

 27日(日本時間28日)の敵地パドレス戦で10敗目(16勝)を喫したドジャースの前田健太投手。4回を投げて3安打5奪三振2四死球で3失点(自責3)という内容だったが、一方でさらなるインセンティブをゲットした。今季最終戦となる10月2日(同3日)の敵地ジャイアンツ戦で先発すれば、最終的には基本年俸300万ドル(約3億460万円)に全ての出来高を足して、最大で今季総額1315万ドル(約13億3500万円)に達する可能性が高まっている。

 プレーオフを見据えた先発ローテ組み替えのため、27日に急遽先発した前田は、初回の先制3ランが響いて2桁黒星を記録。チームも1-7で敗れたが、この登板で前田はさらなる報酬を手にした。

 この試合で今季通算170イニング(173回)を達成したために、新たに25万ドル(約2540万円)の出来高を手にした。投球回数の出来高は計225万ドル(約2億3000万円)となり、基本年俸300万ドル、登板試合数での出来高500万ドル(約5億700万円)、さらに契約ボーナスの100万ドル(約1億150万円)、開幕ロースター入りのボーナス15万ドル(約1500万円)と合わせ、今季の総年俸は1140万ドル(約11億5700万円)となった。

 また、次回10月2日のジャイアンツ戦で予定通り先発すれば、今季32度目の先発で新たに150万ドル(約1億5200万円)をゲット。7回まで投げることができれば今季通算180イニングに達し、さらに25万ドル(約2540万円)を手にすることができる。つまり、次回登板で175万ドル(約1億7800万円)の上乗せが可能だ。

地区シリーズは10月11日の第3戦で先発することも内定

 昨オフ、前田はポスティングシステム(入札制度)を経て、広島からドジャースに移籍したが、メディカルチェックで肘と肩の不安が明らかになった。8年総額2500万ドル(約25億4000万円)と基本給を抑え、インセンティブ(出来高)を厚くするという異例の契約を結んだ。すると、今季はチームでただ1人、開幕から先発ローテを守り続け、地区制覇に大きく貢献。順調に出来高の条件をクリアしていった。次戦ジャイアンツ戦のピッチング次第では、今季の年俸総額は1315万ドルとなる。

 ESPNによると、ロバーツ監督は27日の前田の投球について「初回以降のケンタは良かった。高めに浮いた変化球をレンフローに本塁打とされたが、三振を奪い、バットの芯を外すことも出来ていた。降板後には次につながる投球だったと伝えた。万全の状態で日曜日を迎えることができるだろう」と語ったという。

 すでに10月10日(同11日)の第3戦で先発することが内定した地区シリーズに向けても、自身の年俸を増やす意味でも、今季最終戦となるジャイアンツ戦での登板は大きな意味を持つことになりそうだ。