今季最終戦で待望の初アーチ

 日本ハムの渡辺諒内野手が30日のロッテとの今季最終戦(札幌ドーム)でプロ1号をマークした。

 2回表の守備から二塁で出場。2点リードの2回先頭。今季初打席で、左腕・チェンの外角139キロ直球を右翼ポール際へ運んだ。

 山梨・東海大甲府高から走攻守3拍子そろった内野手として、2013年ドラフト1位で日本ハム入り。14年に2試合、15年に9試合出場したものの、今季はここまで1軍出場はなかった。

 待望の初アーチでブレークのきっかけをつかみたいところだ。