2日のシーズン最終戦で「チャンスは与えたい」

 30日の試合後、ソフトバンクの工藤公康監督から衝撃の一言が飛び出した。昨年の移籍以来、1度も1軍登板がない松坂大輔を「仙台に連れて行く」と明言したのだ。

「状態が上がっているのは間違いない。そういう中で、どれだけ投げられるのかわからないが、チャンスは与えたいと思う。ボクも経験があるが、2軍(の試合)では気持ちの入り方も違う。彼が投げられるというのであれば、一度見てみる方がいいのかな、と。気持ちの入ったボールを投げてくれたら来シーズンにもつながる」

 移籍2年目も1軍登板なしと思われた“怪物”の周囲が、にわかに騒がしくなってきた。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura