1995年以来8度目の制覇、ソフトバンクは2年連続Vならず

 イースタン・リーグ優勝の巨人とウエスタン・リーグ優勝のソフトバンクによるファーム日本選手権が1日に宮崎・KIRISHIMAサンマリンスタジアムで行われ、巨人2軍が6-2でソフトバンク2軍に勝利し、1995年以来21年ぶり8度目のファーム日本一に輝いた。

 昨年と同じ組み合わせになったこのカード。巨人先発は今季1軍でも3勝している左腕・今村。ソフトバンクは笠原だった。

 先制したのは巨人。3回に1番・山本の二塁打などからチャンスを作り、3番・左翼に入った大田が2点二塁打。5回には4番・三塁に入った岡本のタイムリーで加点。7回に大田のタイムリー、岡本の犠飛で効果的に加点した。投手陣は今村からサイド右腕の平良、新人の中川、小山とつないだ。

 巨人は9回に岡本の本塁打でダメ押し。この試合、大田が3打点、岡本が3打点と打力を発揮した。ソフトバンクは曽根の適時打、カニザレスの犠飛などで接戦を演じたが、7回に山田や柳瀬が巨人打線につかまり、2年連続Vはならなかった。