今季最多12Kで7勝目、地元紙「先発するごとに彼のベストに近づいている」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が9月30日(日本時間10月1日)、本拠地でのレイズ戦に先発し、今季最多となる12三振を奪う快投で7勝目(5敗)を挙げた。6回を投げて3安打12奪三振1四球で1失点。プレーオフに向けて状態を上げてきた日本人右腕は、昨年3月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、長いリハビリを乗り越えて今年5月に復帰したが、圧巻のピッチングに対戦相手からは「手術前よりも衝撃的」という声が上がっている。地元紙「ダラス・モーニングニュース」が報じている。

 記事では、この日のダルビッシュの投球について「先発するごとに彼のベストに近づいている」と分析。レイズ戦では、実に20回の空振りを奪ったと紹介している。そして、対戦した主砲のエバン・ロンゴリア内野手は、故障離脱前よりもダルビッシュが脅威的な存在になったと明かしたという。

「彼は以前よりも増して衝撃的に見えるよ。怪我する前には彼はもっと変化球を多投していた。彼には十分な才能があるから狙いがあって投げていたんだと思うけど、彼のボールは色々な方向に動くんだよ」

 2008年の新人王でオールスター選出3度を誇るレイズの「顔」は記事の中でこう語った上で「もしも、彼がいいスライダーやカーブの持ち主でなくても、内角と外角に動く95マイル(約153キロ)のファストボールがあれば(メジャーも)乗り切れるだろうね」と分析している。

敵将も「本当にユニーク」、同僚の元燕バーネットは「フィールド上で最高の選手」

 ダルビッシュはこの試合で今季最多の12三振を奪い、97球を投げてストライクは実に70球。72パーセントという高いストライク率をマークした。球団公式サイトによると、敵将のケビン・キャッシュ監督も「タフな試合だった。ダルビッシュはノリにノッていた。大量の三振を積み上げていた。打線は苦しんでいたね。速球も良かった。92、93マイル(約148、150キロ)から97、98マイル(約156、158キロ)まで好きなときにスピードを上げられるんだ。本当にユニークだよ」と脱帽していたという。

 また、ダルビッシュの後を継いでマウンドに上がり、2/3回を無安打無失点1四球だった元ヤクルトのトニー・バーネット投手も、球団公式サイトの記事の中で「絶好調の彼を見るのは最高だね。フィールド上で最高の選手だった。調子の良い彼を見てるのは楽しいよ」と同僚を絶賛している。

 レンジャーズのジェフ・バニスター監督も「本当に衝撃的なボールだ」と驚愕した快投。手術前よりも上という敵打者の証言も飛び出したダルビッシュは、プレーオフに向けてどこまで調子を上げていくのだろうか。