松坂は4連続四死球に暴投も、3648日ぶり復帰戦は厳しい内容に

 ソフトバンクは2日、敵地での楽天戦に0-7で敗れ、83勝54敗6分で今季の全日程を終えた。日本ハムに最大11.5ゲーム差をつけながら、大逆転を許してリーグ3連覇はならず。2位でクライマックスシリーズに臨む。この日は、加入2年目の松坂大輔投手が3648日ぶりに日本のマウンドに上がったが、8回の1イニングを3安打2奪三振4四死球で5失点(自責2)と大乱調に終わった。

 試合は先発バンデンハークが3回に藤田のタイムリーで先制を許すと、5回には嶋のソロ本塁打で追加点を奪われた。

 森、岩嵜とつなぎ、松坂は8回に4番手で登板。先頭・嶋に四球、島内、代打・松井稼に連続デッドボールで無死満塁のピンチを招くと、ペゲーロには押し出し四球。4連続四死球で1点を失った。続くウィーラーの打席では捕逸と遊ゴロの間に2失点。さらに、茂木の右前適時打から3連打で、さらに2点を献上した。岡島への5球目には暴投で1死二、三塁としたが、カットボールで空振り三振。最後は嶋を直球で空振り三振も、打者一巡で5失点を喫した。1イニングで39球を要した。

 ソフトバンクは0-7で完敗。バンデンハークに3敗目(7勝)がついた。

【松坂の全投球内容】

▽嶋
(1)直球 143キロ ボール
(2)直球 142キロ ボール
(3)直球 142キロ ボール
(4)直球 144キロ ストライク
(5)直球 144キロ ボール(四球)

▽島内
(1)スライダー 132キロ 死球

▽松井稼
(1)直球 140キロ 死球

▽ペゲーロ
(1)チェンジアップ 125キロ ボール
(2)直球 141キロ ボール
(3)直球 141キロ ボール
(4)直球 142キロ ボール
(5)カットボール 138キロ ボール(四球)

▽ウィーラー
(1)カットボール 137キロ ボール(捕逸)
(2)直球 142キロ ボール
(3)直球 142キロ 遊ゴロ

▽茂木
(1)直球 141キロ  ボール
(2)カットボール 138キロ ボール
(3)直球 144キロ ボール
(4)直球 141キロ 右前安打

▽アマダー
(1)カーブ 115キロ ボール
(2)直球 142キロ ボール
(3)直球 143キロ ファウル
(4)直球 137キロ ボール
(5)直球 143キロ 右前安打

▽銀次
(1)直球 139キロ ボール
(2)直球 138キロ 見逃し
(3)スライダー 125キロ 空振り
(4)チェンジアップ 128キロ ボール
(5)直球 143キロ 中前安打

▽岡島
(1)スライダー 126キロ ボール
(2)スライダー 126キロ 見逃し
(3)カットボール 139キロ 空振り
(4)チェンジアップ 127キロ ボール
(5)チェンジアップ 126キロ ボール(暴投)
(6)カットボール 139キロ 空振り

▽嶋
(1)直球 143キロ ボール
(2)カットボール 139キロ 見逃し
(3)カットボール 137キロ 見逃し
(4)直球 143キロ 空振り