仙台大・松本桃太郎が2日に大学通算115安打を記録

 仙台六大学野球でリーグの通算安打記録が更新された。最多タイの通算114安打としていた仙台大・松本桃太郎内野手(4年)が2日、東北福祉大戦の3回に右翼線二塁打を放ち、新記録を打ち立てた。

「ファウルにならないでくれ!」

 松本の思いが伝わったのか、白球はフェアゾーンに落ちた。その打球を確認しながら、松本は猛然と二塁へ走った。リーグ新記録となる通算115安打目は二塁打。ベース上で耳に入ってきた祝福に「すごい大歓声で気分が良かった。素直にうれしかったです」と白い歯をこぼした。

 1年春のリーグ戦で決めた初打席初安打から、松本の大学野球はスタートした。同年秋のリーグ戦では打率(.477)、打点(17打点)、本塁打(3本)の打撃三冠に輝き、MVP、ベストナイン、特別賞も受賞。スーパー1年生として大器の片鱗を見せた。その後もリーグを代表する打者として活躍し、これまで打撃タイトルは首位打者2回、打点王2回、本塁打王3回。2、3年時には大学選手権にも出場した。

 森本吉謙監督は「いつも言っていますが、安打の数より(松本は)1年春からフルイニング出場している。僕はそれがすごいと思っています。怪我もなく、不調もなくきているからずっと出られる。大学4年間の長いスパンの中では怪我や不調はあるもの。それがなく、また、維持するわけでもなく、もっと上にもっと上にと目指した結果だと思います。素晴らしい選手」と称えた。

 好不調の波が少なく、数字に表れる結果も常に出してきた。それでも、Hランプが灯らない打席が続いたことはある。「今年の春は3安打してから苦しんだんですけど、この秋は(予定より)1節遅れたけど、いい形で結果を出せた。春の経験が生きました」と松本。今春は13安打を放ち、3本塁打で本塁打賞も獲得していたが、ヒットを打ちたい気持ちが強すぎて「試合の前の夜に考えすぎた」と反省が残った。

「春は、打ちたくて打ちたくて、ボールをきちんと見ていなかった。体も開いていました。今はボールを見ることとセンター方向に打ち返すことを意識しています」

向上心と探究心のままにたどり着いた答え「ボールを長く見るんですよ」

 森本監督が「うまくなりたい感覚が尋常じゃない」と話すように、続けてきた努力が115本の安打に詰まっている。

「(1年生の頃と)パッと見た感じはわからないと思うけど、自分の中では全然、違う。欲ですね。欲張りなんで。何でも欲しがるんで(笑)。それが裏目に出た時もありますよ。いいのに求めて形を崩すこともありました。いいと思っていても、朝、バットを握った時に急に『あれ?』と悪くなることもある。昨日までできていたバッティングができなくなることもある。でも、前には戻らず、僕は常に新しいもの、新しいものと求めてきました。過去に囚われるとどうしても悩む。新しいものを探している方が自分はハマりやすいです」

 向上心と探究心が松本の打撃を支えてきた。完成や限界はなく、大学野球最後のリーグ戦を前にして、この夏場も悩みは多かった。そんな中、今秋のリーグ戦1週間前に行われた楽天の2軍との練習試合を通してつかんだものもあった。

「(打席で)いつでも打てる準備をして、ボールを長く見るんですよ。自分の中では、これが究極ですね。それをすればヒット性の打球はかなりの確率で打てます」

 ボールを長く見る感覚は、新記録をマークした打席以降で発揮された。第2打席で右翼線二塁打を放ったのだが、第3打席は1死二塁で四球を選んだ。ボールが3球続き、2ストライクをとられてフルカウントとした後、4球ファウルで粘った末に歩き、得点に結び付けた。第4打席もフルカウントから2球ファウルを打って四球。やはり、味方のタイムリーでホームを踏んだ。

「ギリギリまでボールを引きつけた結果。そういうバッティングができないと、これから先、もっと変化球がいいピッチャーと対戦した時に打てないと思います」

「毎打席、毎打席、打てるイメージはできている」

 プロ志望届を提出し、トップレベルでプレーする覚悟を持っているからこそ、追い求めてきた“究極”。1年春から積み上げてきた安打は松本の成長の証だ。

「4年間では今が一番、状態がいいですね。タイミング、ポイント、スイングの軌道、すべてがいい状態だと思います。スイングはレベルなんですけど、トップの位置からボールに対して直線的に出す。最短距離というより、一直線というイメージです」

 阪神・金本監督など、プロ野球で活躍する選手を多数、輩出してきた名門・東北福祉大から記録を達成し、「やっぱり、仙六は福祉大なので。そこで達成できたのは嬉しい」と松本。チームは対戦成績が1勝1敗となり、勝ち点をかけて3日に3戦目を戦う。

「頑張ります。(負ければ)今日、勝った意味がない。明日はお互い、総力戦になると思うので、頑張ります。(打つ)自信はあります。毎打席、毎打席、打てるイメージはできているので、ちょっとでも甘くくれば絶対に打てますね」

 自信たっぷりに宣言した杜の都の桃太郎。リーグ優勝で有終の美を飾るためにも負けられない一戦で、さらに快音を重ねる。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi