来日3年目、自身最多の黒星に「7敗が半分であれば…」

 ソフトバンクの守護神・サファテが、パ・リーグ記録となる43セーブを挙げて最多セーブ投手賞を獲得した。サファテの同賞受賞は2年連続となる。一方で、来日最多となる7敗も記録。そのほとんどがセーブ機会ではない同点の場面からの黒星だった。受賞会見では、喜びとともに自らの黒星の多さへの悔しさを語った。

「タイトルを取ることはできたがチームは2位で終わった。自分自身の7敗が半分であれば、チームの順位も違ったのではないかと思うし、その辺は悔いが残る」

 2年連続40セーブ以上はパ・リーグ初、外国人投手としても史上初の快挙で、クルーン(元巨人)がもつ外国人投手の通算セーブ記録177にも残り2に迫った。

「自分の記録を更新できたことはうれしい。その先にある藤川(球児)投手の46セーブを目標にしていたし、その記録を抜いていれば、同じようにチームの順位は違ったのかなと思う。来年はまた自分の記録を抜いて44セーブできるようにがんばりたい」

 3年連続で60試合以上に登板し、これだけの記録を残したことについては「日頃のトレーニングの成果」を挙げる。

CSに向けて気合「まずはロッテを倒して、その後札幌…」

「シーズンオフもシーズン中も、日々トレーニングをやっているし、神様のご加護もあって、1年間ケガなく健康にやれていることが一番の要因だと思う。(好投を続ける)秘訣は自分でもわからない。もしもわかっていれば、それを(投手陣の)みんなに教えて、みんながいいピッチングができるようにするよ」

 8日からはヤフオクドームでCSファーストステージに突入するが、鷹の守護神はそこでもいつものように勝利を決めるマウンドに上がるつもりだ。

 「日本ハムの優勝が決まった瞬間に気持ちの切り替えはできている。まずはロッテを倒して、その後札幌に行って日本ハムを倒す。その目標に向かってやっていくだけ。その後の日本シリーズも自分の中でもしっかりと描けているよ」

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura