球団社長「私も彼は50歳までプレーすると思う」と太鼓判

 マーリンズは5日(日本時間6日)、球団が選択権を持っていた来季契約1年200万ドル(約2億600万円)を更新すると発表した。同時に、2018年にも球団が選択権を持つ年俸200万ドルの契約オプションを追加したことも発表。シーズンを総括する会見に出席したサムソン球団社長は「毎日彼といられるなんて光栄」と話し、引退までバックアップする考えを示した。球団公式サイトが伝えている。

 今季のイチローは、メジャー通算3000安打まで残り65安打からスタート。当初は今季中の達成は困難だろうとみられていたが、6月15日パドレス戦で日米通算安打数でピート・ローズのメジャー最多安打数(4256本)を抜くと、8月7日のロッキーズ戦では三塁打でメジャー通算3000安打を達成。その他にも、メジャー通算500盗塁、日米通算三塁打数で福本豊が持つ日本記録(115本)を更新、メジャー通算2500試合出場など、数多くの金字塔を打ち立てた。

 今月22日には43歳を迎えるイチローだが、年齢を感じさせず、第4の外野手として十分過ぎる働きを見せた。サムソン球団社長は「2018年の契約オプションを追加した理由は、彼が50歳までプレーしたがっているから。私にそう言ったよ。彼は本気だ。私も彼は50歳までプレーすると思うし、我々にも問題はない」と、球団として“50歳現役計画”を後押しする考えを示したという。

契約した2年前は…「マイアミでこんなに活躍するとは誰も…」

 データもイチローが衰え知らずであることを示している。記事によれば、勝利への貢献度を示すスタッツWARを見ると、今季のイチローは1.4で、2.6だった2012年以来の最高値だったという。イチローに絶大なる信頼を置くマッティングリー監督は「年齢とかそういった話は、もう辞めよう。イチは外野3ポジションをすべて守れるし、しかも上手いんだ。肩もまだいいし、まだまだ走れる」と高評価。「今季、外野の控えとしてイチが成し遂げたことは、球界のどのチームもうらやましかったと思う」と、年齢を感じさせない活躍ぶりを大絶賛したという。

 来季はマーリンズで3シーズン目を迎えるイチローだが、ここまでチームにフィットするとは誰も予想していなかったようだ。記事によれば、サムソン社長は球団オーナーのローリア氏がイチロー獲得の打診をしてきた時の様子を振り返り「マイアミで彼がこんなに活躍するとは、その時は誰も思い描けていなかったと思う」と、いい意味での誤算だったことを明かしている。

 イチローがマーリンズという球団に愛着を持っているのは、誰もが知るところ。マーリンズも同様に、イチローに対して特別な敬意を抱いている。記事では「相思相愛であることを考えると、彼がマーリンズの一員として引退する可能性は高いだろう」と指摘。サムソン球団社長も「毎日彼といられるなんて光栄。誰一人として、これを当たり前だと受け止めてはいない。それだけは確かだ」と、チーム代表として“生きるレジェンド”と共にプレーする喜びを代弁した。

 来季でメジャー17年目、現役生活26年目に挑むイチロー。ユニフォームを脱ぐ日は、まだまだ先になりそうだ。